好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

寒かった

今日は朝6時に起きて、八王子まで仕事で出かける。寒かった。朝だからと思ったが、結局ずっと寒かった。
八王子でユーミンの実家の呉服屋を発見。荒井呉服店95周年とか。
また、本日は紀宮様の結婚式だった。お人柄を反映して、ジミ婚。
それでも、天皇、皇后両陛下が出席される披露宴ともなればそれだけでスペシャル。
お幸せに。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-15 23:39 | あれこれ

気持ちよいお疲れ会

仕事の区切りで、憧れていたかの才人と打ち上げ。
とてもいい人だった。よく食べて良くしゃべった。
でも、今日は実のところ失敗。いつもの隠れ家に行ったらあいにく貸し切りでNG。そのあと行った中華のしゃれたお店は、12日で閉店。ありえない。
3軒目のお店でようやく落ち着いた。中華のお店。餃子と 小籠包がおいしかった。
いろいろ話した中で、忘れないように書いておこう。
現在のおつきあいのお相手とのなれそめ。ブルーノート止まり木席でたまたま遭遇。
さすがデートの殿堂。でも、その方は音楽のお仕事でないのに、ものすごく何でも聴く人で、4歳年上。ノリのいい方らしい。私とほぼ同年代。音楽とお芝居と節操なくいろいろ見る方らしい。いいんじゃない? 
彼女の音楽との出合いは、お母様がヴァイオリンをやっていて、ほんとうはオーケストラに入りたかったのだとか。ただ当時のオケはいわばうさんくさい業界でもあったわけで、女子が飛び込める世界ではなかった。
それで、お母様の夢を叶える形で音楽を子どもたちに与える。お家にはクラシックがいつも流れていて、ポピュラーはだから彼女がもたらしたのだとか。でも、中学時代にジャズに目覚め、先生に連れて行ってもらって歌舞伎町や六本木のピットインとか通っていたらしい。良く連れて行ったな。でも、いかにも好奇心が強くって音楽が大好きで、才能にあふれる彼女ならでは。なにしろ、だれでも頭の中に音楽がイメージのとおりに自然に鳴っているのだと思っていたのだそうだ。
最近はリサイタル間近で忙しいのでEL&Pを行ったくらいだとかいうが、ホントウにライヴも大好きな人。
尊敬して間違いのない人。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-14 23:16 | 出来事

着物恐るべし

着物を着てみようと思う。いやー、頑張った。
ほぼ2時間かかっても、いまひとつ。でも、方法だけは理解できたかも。
というわけで、10年ほっといた着物たちは、かびくさくって・・・。
やっぱり、ちゃんと陰干ししなければいけません。
宝の持ち腐れです。まじで。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-13 22:51 | 出来事

今日はいそがしい

わーい、ようやく今日の本題。私の誕生日ですよ。同時に、ニール・ヤングおじの誕生日です。今日は大阪でニールファンの集いが行われ、今頃飲んだくれているに違いない。
本日49歳です、私は。おじは60歳です。還暦だね。おめでとう!!!!!
で、今日は朝から忙しかった。夕べ帰ったのが1時過ぎ風呂入って軽く飲んで、息子が作ったおかずを食べて(おいしかったよー、サンキュ)、ブログを書いて寝た。
寝るとき思い出した、今日は年に一度のマンションの排水管清掃の日。朝早く起きて片づけないといけないのだ。
で、7時半起床。片づけ、片づけ、片づけて9時40分清掃の担当の人が来ました。はやいでしょ? 台所とお風呂場と洗面所と洗濯機、以上。
洗濯はその前にすませて、片づけもそこそこできて良かったです。
で、終わってから、テレビでニュースを見て、ブランチで映画を少し見て、『パッチギ』を11時に見始める。1時過ぎに見終わって(涙、涙)、大あわてで化粧して1時40分に家を出る。
オペラを観て五反田で買い物して家に帰って、今日はパーティー。
家は3人家族だけど、必ずそれぞれの誕生祝いはお家で。ケーキを買って祝うのだ。
今日は手巻き寿司。おいしかったよー。夫にケーキとシャンパン、息子に財布をもらう。うれしいよー。
だから、ニールの誕生を祝いに大阪までは行けないって。みんな楽しくしているんだろうなあ。で、ニールについては、また今度。a0064290_22351582.jpg
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-12 22:35 | あれこれ
a0064290_2264032.jpg仕事ですが、招待で浜離宮朝日ホールでオペラ鑑賞。ドニゼッティ『愛の妙薬』。弦楽4人にエレクトーンふたりの演奏。エレクトーンふたり以外はすべてイタリアのメンバー。
客層は、いわゆるお金持ち風の品のいい中高年が圧倒的。男性も多かった。チケットはほとんど1万円のS席だろう。ほぼ満席。盛況だった。こういう催しに客が呼べるのもいい傾向だと思う。で、そのオペラは、けっこう下世話なの。話はどこを切っても恋愛。恋の話。普通の女の子とちょっと違う手強い美人に惚れてしまった、まっすぐな男が、トリスタンとイゾルテの寓話にあるような愛の妙薬を信じ切って、それを力に恋愛に突っ走る。
なんの変哲もない街の普通の生活に、軍が駐留することで浮き立つ女。都会の風を身にまとったあやしい先生に影響されて妙薬に走る男と女。ありふれた生活のなかでそういう新鮮な風が起こす事件はありきたりだけれど、共感しやすい。
前半は正直言って眠くて死にそうだった(それは演目のせいと言うより私の問題)。休憩でコーヒーを飲み覚醒。後半はものすごく楽しめた。お話自体は何しろ軽いし、女は服を脱いでセクシー攻勢で男にしなだれかかるし(笑)、下世話。けっこう品のいい客だって、話はこういうほうが楽しいんだよね。軽いギャグも満載で、軽く楽しい内容。イタリアオペラらしい。
だが、やはり魅力は人の歌。歌ですよ、歌。楽しいんだ。言葉はわからなくても楽しい。歌だ。
ちょいと小金持ちならオペラにはまるのわかるかも。
歌舞伎も楽しいし、文楽も素敵だ。おんなじに、オペラも楽しい。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-12 22:23 | ライヴ

パッチギ

a0064290_220278.jpg井筒監督を見直したのです。
1968年ていうと、私は小学校6年生。だからちょっとお兄さん、お姉さんな訳だけど、いちいち台詞が当時を物語っていて、笑える。「これじゃ、世界残酷物語だよ」とかさ。
でも、私は知らなかった。朝鮮半島からの強制連行などなど。はっきり言って『GO』で初めていろいろ知ったクチだからしょうがない、しょうがない。
あのじいさんの言ったとおり、知らないで一生すごすところだ。
で、あの時代を思い切り描いた共感とは別に、純粋に突っ走る青春に感動した。泣いた。
まあ、私が泣くのは、簡単だけどね。暴力もけっして今のような殺すまでは行かないし、このままいってもお互いにダメとなれば引き分けもできる。「死んだら怖い」がお互いにあるから喧嘩も程度がわかっているのだ。その辺が今と違うのかな。
今日、町田の高校1年生の女の子が殺されたが、犯人が逮捕され、同級生の男の子とわかった。ワンゲルだった。信じたくない。自然の怖さを知る子がそんな人を殺せるなんて。
『パッチギ』の舞台は京都だ。でも、どの街でもきっと朝鮮人の街があって、そういういろんなことはあったのだと思う。実際に私の育った街でも、私自身が小学1,2年生の頃、1つか2つ年下の朝鮮人の子に、道を歩いてたまたま通った細い道で脅された記憶がある。そのときはただ怖かっただけだけど、なぜ?というのはずっと引っかかっていた。それがわかったのもつい最近だ。パチンコ屋の息子のその子がなぜ怖がることを私にしたのか、やっとわかったわけ。
「イムジン河」。それより、小学生の頃「38度線」という遊びがあった。外国に線を引かれた朝鮮半島の国境が子どもたちの陣取りゲームの名前だったのだ。
ただただ、放課後男の子も女の子もいっしょに遊んだゲームだけど、今思うとすごいネーミングだったのだ。
そして、思う。知ることは大事だ。教育とはこういうことを教えることではないのだろうか。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-12 21:59 | 映画

残業、終電コース

うー、疲れた。
12時回って帰ったから、今日は私の誕生日なのに〜〜〜。
でも、その話は明日にしよう。
今日は早く帰って『パッチギ』観る予定だったのにねえ。
明日は3時からのオペラを観に行かねばならない。お仕事だよん。
書かなきゃいけない原稿もあるのさ、たんと。でも、ノーギャラなのよ、原稿料ただ!
ありえないけど、ほんと、なの。
まあ、でもそうはいっても、それも仕事だ。がんばんべー。
けっこう、明日のオペラは楽しみかも。
さ、早く寝よう。
私ってM?
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-12 01:47 | あれこれ

アンブレイカブル

a0064290_2304888.jpg
テレビ東京でオンエア。なかなかに衝撃的だった「シックスセンス」のナイト・シャラマン監督の作品。最後の落ちがそうくるか、ではあったけど。
まあ、いいか。
ナイト・シャラマン監督はインド系の人だが、私の家の近所には、大学の留学生の寮があるので、けっこう海外からの人が多い。随分前だが、道を歩いていたら、さっき日本に来たばかりだという(たぶん)、インドの人に道かなんかを聞かれたことがある。私は英語がわかるほうではないので(情けないけど)、片言でちっとしゃべった。8年以上暮らしているが、そのときだけだ、留学生らしき人と道で話したのは。スーパーでは、多いけどね。
で、映画だけど、カメラワークが個性的だと思う。
家族や社会不安、テロなど、今のテーマを抱えつつ、ありきたりでないスリラーにして持ってくるところは意欲的だ。
同じインド系の作家ジュンパ・ラヒリ(美人)は私のお気に入りで、その話は、この次に。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-10 23:15 | 映画

ごあいさつ

a0064290_23172950.jpgなんとなく、ブログでもということで、もうすぐ誕生日を迎える勢いを借りて、スタートです。
自分で言うのもなんだけど、こう、好奇心をアンテナに、いろんなことを書いていこうと思います。
もう、今晩は遅いので、こんな感じで今日は寝よう。
ちなみに、上の写真はシロクマのお尻。旭山動物園で。なんかさ、足の大きさがとんでもなくって、面白かった。シロクマの毛並みが水の中で揺れて、大きいし、飽きないよね。
[PR]
# by shes_inn | 2005-11-10 02:08 | あれこれ