好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日本のピラティス指導の第一人者で、ピラティスの枠を越えて、活躍している石川英明さんのDVD付きボディケアの本が、間もなくでき上がります。
これは効くよー。

実際、石川さんと仕事でご一緒してから、めきめきカラダについていろいろわかってきて、すっきりとしてきたのですよ、私自身。
今度の本は、「石川英明の鍵盤奏者のためのボディケア」という本なのだけど、鍵盤弾かなくってもまったく問題なく、デスクワークの人に多い、肩こり、腰痛持ちには大推薦の本です。
難しいポーズなんかはないし、無理しなくていいのが一番の売り。
今年、私が担当する3冊目の単行本だけど、企画を出してからおよそ10カ月、道のりはいろいろあったけど、楽しかったよー。

実用書だから、趣味趣好に関係ないので、誰にでもお勧めです。6月20日頃に発売です。
ヤマハミュージックメディアより。ピンクの表紙よん。

いやー、山は越えたから、あと少し!
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-29 01:14 |

皇居駅伝

今日は、ライターのしげちゃんに誘われて、横浜走友会のメンバーとして参加させていただき、駅伝に出ました。
今、打ち上げ2次会でコーヒーを飲んで終了。楽しめました。

あいにくの雨もなんのその、27分13秒で第2走者としてたすきを繋ぎました。

いつも朝か休日の昼間にひとりで走るので、走った後に飲む習慣はないのだけれど、金曜日に続き、楽しく飲みました。
やっぱり、次のレース、考えよう。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-23 14:50

なんかいい

まあ、酔ってます。


ホントに私はだめだめです。

今日はY社の皇居ランに初参加。神田神保町のランステーション集合。

そこからだいたい7キロだそうです。ただペースがゆっくりなので私のiPodでは8キロカウントしています。

で、初のラン終わりの飲み会。そばやさんで。おいしかった。

ここまではよし。

携帯を忘れた。

ホントにだめだめです。
大手町から戻り、お店で見つかり、よかった。


でね、江古田会でなくしたカメラも武蔵大学の橋本先生が持っているとわかりました。

よかった。

でも、私の脇の甘さはひどい。

反省しながら、帰る電車の中。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-21 23:01

金曜の夜は江古田で

お仕事で付き合いのある、ヤスやんとヤマピーさんと仕事終わりに、江古田に出没。
なんで?ってのは、ヤスやんが学生の頃住んでいた、ヤマピーさんは武蔵大学、私が日芸なのである。

仕事が案外近くだったので、タクシー割り勘で500円で到着。江原町3丁目あたりでヤスやんの住んでたあたりをまずは探索。
「ここだった確か」というところは新しくマンションになっていた。
私は北口のほうがメインだったので、この辺は知らない。セブンイレブンに盛り上がるヤスやん。
三菱銀行あたりからは私もよく知る江古田銀座付近。江古田コンパとかヤマピーさんと、盛り上がる。
江古田文化はなくなっていた。
この先の卓球場で遊んだと訴える私に、ふたりは?
駅方向に向かい、マックを確認。なんだか、駅のあたりは工事の壁ができている。
おしどり、鳥忠、養老の滝のおなじみの飲み屋に反応するのは、主に飲み屋で親しみのあった大学地元組。住んでいたヤスやんは主に食事どころに想い出がある。

踏切をわたって市場のあたり。あんまり変わっていない気がする。ちなみに、全員30年前くらいの記憶だけど。

神社に突き当たって武蔵野音大通りを右折、私は、ここら辺に行くと、こまつ食堂しか知らなかったので、あそこで飲むの?といぶかっていたが、その隣の隣あたりに和田屋があった。
昔ながらの飲み屋さん。飲み物がほぼ336円。
焼きトン、ポテトサラダ、肉豆腐、ホッケなどなどでホッピースタートで、焼酎、ハイボールへ。
途中でお店のお姉さんと昔話。以前は踏切の向こう側だったとか。だから知らなかったんだな。

そのあと、トイレに行くと、座敷では武蔵大学の学生さんのゼミコンパ。かわいい女子と少しトイレ待ち中お話をした。
ヤマピーさんに、武蔵の学生さんたちで、後輩ですよーっていうと、挨拶行かなきゃということになり、合流。よくわかんないけど、面白いよねえ。

そんで、ヤスやんは先に帰るときに、ハーモニカで少し。もうちろん、盛り上がりました。

で、もう少し席に戻って飲んで帰る。午前さまでした〜。


翌日、カメラを紛失したことに気づく私。お店に電話したけどないという。は〜〜〜。

ゼミの皆さんの荷物にまぎれたのかなあ。ショック。

でも、もしかしたら、別のどこかで落としたのかもしれないし、
(江古田を歩きながら少し写真を撮ったのは覚えてるんだけど)

すんごいドジな私。根津神社の写真もまだ、PCに落としておらず。

どうしよ。少しばかり取材の写真も入っている。あー、困った。
でも、自業自得。
あきらめも肝心。

私はどうして、こうもお粗末なんだろう。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-16 23:08 | 出来事

5連休

少し仕事を気にかけながらも、5連休。
何が一番良かったかって言うと、よく眠れた。
すごくよく眠れた。この間平均睡眠7時間。すごい。
ここ何年もこんなに続けてしっかり眠ったことはなかったように思える。
実家でも、11時には寝て、しかもぐっすり寝付けて、6時に少し目を覚ますも、7時近くまでぐずぐず布団でうとうと。
いやー、睡眠はカラダを元気にする。首もほぼ痛みがなくなった。
今年のお正月の眠れなさ具合から比べると雲泥の差だ。

聴く音楽も、ランのときの音楽もジャズを中心に、ロックは聴かなかった。
ROSSO封印。横道封印。
パット・メセニーやウエス・モンゴメリでランニング、いいよ、これも。

帰りの電車の音楽は、矢野顕子の音楽堂と東京ホット倶楽部バンドwithハーブ太田のTAKE A HOLY-DAY。パットのシークレット・ストーリー。

おもわずうとうとして、検札のお兄さんに起こされた。

大人な今日この頃だ。

ゴールデンウィーク、しっかり充電できたように思う。

NHKの大竹しのぶのドキュメンタリー、しのぶちゃんはすごいなあ。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-05 23:17 | あれこれ

叔母が急逝

母の兄嫁、つまり叔母が、亡くなった。
リュウマチを病んでいて、ここのところ介護生活だったのだけど、明るく世話好きで、おしゃべりが楽しいおばさんだった。
子どもが3人つまり、いとこが、男子ふたり、女子ひとり。
その女子のいとこは、私よりだいぶ年下だけど、しっかりしていて、独りで家族を支えていた。
おじさんは脳梗塞から認知症で、臥せって介護生活だった。リュウマチでやりたくても介護ができないおばさんに代わり、ほんとうに頑張っていたと思う。
おじさんが亡くなって、おばさんが歩けなくなり、今度はおばさんの介護も本格化した。
彼女は近所に一人暮らししているが、長男は同居が精一杯で、面倒を主体的に見ていたのは彼女だ。
一人暮らしは彼女なりの自己防衛だと思う。

その日の昼頃までは、まさか亡くなるとは思っていなかったはずだ。
朝から尿が出ず、お腹がふくらんでしまったので、かかりつけのお医者さまに行って、そこで、心不全となったそうだ。あまりに急で、別のいとこからの夕方の電話で、私も驚いた。
夜、彼女にお悔やみの簡単なメールを送った。

返信が来た。
********

励ましのお言葉ありがとうございます。

何がなんだかわからなく只呆然としております。
確かにここ、二、三日はいつもと様子が違い、元気がないと思っていたのですが。
それにしてもこんなに急に逝くなんて。後悔で胸が張り裂けそうです。

なぜこうなってしまったのか思い出そうと思ってもわからないのです。

母がただ寝てるように思えてなりません。

親孝行も出来ず、どうせ介護をするのだったらもっと優しくしてあげればと。
すみません。愚痴ばかりですね。聞き流して下さい。明日からはしっかりします。
叔父さん、叔母さんもお大事になさって下さい。
ありがとうございました。


***********

十分、精一杯やっていたと、もちろんよくは知らないので、勝手にそういうのはいけないかもしれないけど、彼女を見ていれば断言できる。

帰りの電車から見る風景は、新緑が生き生きと輝いていた。
いい季節だなあ、と思う。優しくて柔らかいみどりは、心を癒してくれる。
こんないい季節に、逝ったおばさんだから、きっと今頃ほっとしているのかもしれない。

週末土曜日は告別式だ。彼女はきっと、しっかりと仕切るのだろう。
励ましてあげなくちゃ。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-05 15:44 | 出来事

告白

文庫になったし、中島監督が映画にしたというので、実家に帰るのに本を忘れて読む本がなかったし、買って読む。途中からはとばしたけど。面白いというかさくさく読ませる。

だいたい私の趣味ではないのはわかっていた。
面白い一人語りの手法でのっけから狂った教師の告白。狂っているのは登場人物すべてなので、リアルなふりして、あり得ない感がむしろステレオタイプで読み方によれば笑えるだろう。

だけど薄気味悪すぎて、真面目なのかふざけてるのか判断しかねて、賛同できない。

こういったテーマで小説を書いて、面白いだけでいいのだろうか?

作者はまだ若いから、発想のとっかかりだけで勢いで書いたのかしら?

それとも、この短絡的な薄気味悪い人物像は、若いから知りうる子供たちやその親世代の現状なの?

本屋大賞になったのだから、後者なのかしら?

くわばらくわばら。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-03 23:30 |

ベイスターズ勝利です

勝ちました!

大家15年ぶりだかの日本復帰勝利です。
村田のホームランも出て、最高のゲームでした!
うれしい〜
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-02 21:37 | 横浜ベイスターズ

野球観戦

a0064290_1742486.jpg

神宮球場にきています。

先発は大家!

いえー
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-02 17:42 | 横浜ベイスターズ

のだめ

ことのついでに、映画の日ということで。

楽しくも知っている曲がこれでもかと流れ、気持ちよし。

不覚にも涙が。

まあいつものことですが。

原作よりわかりやすいラストシーンもよいのではないでしょうか。

クラシックはよい、という単純なことと演奏家になるのは単純なことではない、ということが笑いの中でじっくりと伝わる良い作品であります。
[PR]
# by shes_inn | 2010-05-01 16:27 | 映画