好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

引っ越します

えーと、いよいよ7月1日から、強制的に記事内に広告が入るようになるそうです。
しかも、そのデザインがなっちゃない。

ということで、引っ越しすることにいたしました。

ぼちぼち、ゆるゆる引っ越しをしていきますが、新着記事は、今後は下記に引っ越しいたしまする。
ブログはここに残しまして、ときどきチェックしますが。

引っ越し先もどういうふうに使うのか、これもイマイチよくわからないのですが、なんでもぼちぼちです。

まあ、辺境のブログなので、どってことはありません。私の問題ですが。

たまたまいらした方は、下記までどうぞ!

新しい引っ越し先です
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-23 23:28 | あれこれ

鋼の錬金術師

きちんと語っておこうではないか。

鋼の錬金術師

対価交換の原則のもと、幼い兄弟が亡き母をよみがえらせたい一心で、錬金術を使う。
しかし、人間の命の再生は、いわば、禁忌行為であり、その対価交換は大きなものなのだ。

だって、運命は変えようとして変えられるものではなく、だからこそ、運命なのだ。

しかし、兄弟は健気に生きる。それもまた運命。

たかだか漫画と侮るなかれ。
その持って行き方が素晴らしいと感じたのだ。

つまり、わからなくていいという進み方だ。

これは、ある意味、何かを何かの物語を語る上で、禁忌ではなかったのか?

わからなくていいというスタンスで、ガンガン進むそのストーリーに、子どもたちはただただついて行く。私もやっぱりついて行く。

そして、それはいつか血となり肉となり、記憶となり染み入って行き、その世界観を自分のものとできると言う素晴らしい展開方法を、ハガレンは生み出していると言っていいと思う。

それは、ある意味、最初から長編で行くぞという覚悟があり、それを力技で持って行ける準備があったわけだ。

北海道の酪農農家で、彼女はどんだけ悶々と自分の世界を形作って行ったのだろうか。
デビュー作だよ、これ。

あり得ん。

しかし、途中で原作者が女子であったことを息子に教えられ、というか、知らなかったの?的な。
いやー、そうだよね、じゃなけりゃ書けないよね、WCのスリッパをはいた師匠。

と偉そうなことを言っているが、正直、1回しか通して読んでいないので、私がそう多くは語れないのだが、つまり、わからなくても突き進み、次第にどうだと展開するそのストーリーテイリングの力技に、惚れ尽くしているのだな。

それと、今回アニメを見ていて思ったんだけど、漫画のスミまで読めてねえな、自分。
アニメで気づかされること多かったもの。というか、意味がわかったことが多い。
情けないぞ、自分。

この果てしなくも素晴らしいお話は、一生読み続けていたいくらいのものだ。

いやー、アニメであんなにリアルタイムで泣けたのは、久しぶりよ。

あと2回でアニメは最終回。月刊少年ガンガンは漫画の最終回だったわけだけど、完売ですごいことになっているのだ。したがって、次号で最終回を再掲載するらしい。そんな話聞いたことがない。
買っちゃおうかしら。だって、だってだって。

この素晴らしいストーリーの最終回がやはり、記録と記憶と両方に残すべきではないかと思ってきたからだ。

荒川弘 素晴らしい。
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-22 22:40 | あれこれ

横尾忠則 すごいわ

とまあ、ツイッターの使い方がわからないんだけど、
誰かのフォローをチェックできることだけはわかった。
で、マーカナ姉さんのフォローに横尾忠則さんを発見。開いた途端に、(すみません、流用していいのかしら?)

美術鑑賞には言葉は邪魔になります。言葉が美術を理解させていますが、一方で感性を剥奪させてもいます。美術は理解するものではなく洋服の前を開くようにして感受するものです。

いやー、参りました。
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-22 22:09 | 出来事
はがきが届いていたので、静岡から帰って、録画チェックをして、オンデマンドで初めて見てみる。
アンケート付きで無料。

リュック・ベッソン監督の最新作だそうで、
ユーモアたっぷりのフランス版インディアナ・ジョーンズ女性版?

アデルという女性が、なかなか堂々たるオレ様(女主人)キャラで、妹のために一途にガンガン前のめりなのが笑えるし楽しい。
大掛かりな撮影もあって、そのくせ、なんとなく小規模風なノリが漂い、リュック・ベッソンが数々のプロデュース作品を通じて、自分の行動範囲を広げてきて、撮った痛快アクション編というところかな。
テレビで観るのは、でもやっぱりどうも納得いかない感じ。映画館で見たくなる気もする。
試写会と言う名がつくからかしら。

オンデマンドも我が家のチャッチイブラウン管テレビじゃなくって、大型デジタルテレビ501サラウンドなんかで15畳以上のリビングとかで観ればいいんだろうけどねえ。

ただで観といて文句は言えない。

で、ちょうどその時間、ハガレンのアニメの時間がかぶったので、映画を観終わったあと、録画したのを早速観る。

コミックスでは、まだ出ていないストーリーにすでに突入している。先が気になって仕方がないんだからアニメも、これはまじ見だ。

すごい。すごい。アルフォンス〜、ここで、対価交換復活的な(ちょっとずるい気もあとでしたけど)自分の魂と交換して、兄の命を救うために、右手と交換。
そのあとのエドワード〜。エルリック兄弟のこれまでが、走馬灯のようによみがえる。

もう、泣けて泣けて。鼻水まで出る始末。

いよいよ最終回まであと2回か。

コミックスも楽しみだけど、アニメはコミックスを尊重しているから、そのまんまなのだろうなあ。
(でも、それじゃコミックの売れ行きに影響するのかしら?)
少年ガンガンは完売だとか。増刷しないの?
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-20 23:14 | 映画

親戚一同そろって応援

昨日は、義父の23回忌。
義母が中心になって、夫の兄弟の家族が大集合。
夫と消防士の甥っ子、旭川にいる甥っ子を除き、集合。
名の子が新顔で加わって、息子にすれば、「初めて最年少から解放された」。一歳六カ月の女の子はね、そりゃあ最年少だわ。

総勢、11人。
午後、ただ今本堂大改築中のため、プレハブで。今度の本道は、鉄骨が組んである。
プレハブは冷暖房完備で、暑かったから助かった。ただ、新築なる本堂は、天井が高いので、エアコンは入れない方針だとか。
無事、法要が終わり、お墓にと思ったら、なんと、お線香をお義母さんが忘れた。というのも、午前中にわざわざ墓掃除に行ったかららしい。車で30分以上かかるところに午後行くのがわかっていてなぜ?とは思っていたのだが、義母も歳を取って、若干意味不明な行動が増えたのかも。

家に戻って、着替えてラフな格好で、市内の日本料理屋さんへ。おいしくいただきました。
私はビールを飲んで、にっこり。甥っ子に「ほんとうにうれしそう」と。
もう、遠慮はしないキャラで通っているから楽だ。言いたいことを言うのも許されるキャラ作りも成功しているので、楽。たぶん、嫁3人のなかで一番楽な役回り。
今回は、首を痛めて、いかにも辛そうなお母さんに、石川さん直伝のストレッチを伝授。
なんとか、よくなってもらいたい。

食事が終わって、あとは、サッカー!

行き詰まる前半は、みんなお腹も一杯で、お酒も飲まず、集中。

いやー、手に汗握って応援しましたさ。
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-20 22:29 | 出来事

明日は法事

大規模修繕もいよいよ明日が最後の定例会。
すっかりきれいになったマンションの最後の定例会なのに、私は残念ながら、法事で欠席。

大規模修繕ニュースも今日発行の号で、29号。
ボランティアでもちろんノーギャラで、楽しく作らせてもらいました。

というか、委員の皆さんと一回も飲んだりもしていないし、真面目すぎるんじゃない?って感じ。
こんな大変な工事を頑張って終わらせるんだからさ、最後ぐらいはガンガン飲んでお祝いしたいなあ。
でもね、たぶん、地味ーにすませる感じ。そのわけは、ボランティアだから、自分たちから公費を使って飲み食いしたいなんて言えないものねえ。

なんか、報われないなあ。ガンガン飲みたいなあ。
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-18 23:46 | 大規模修繕
昨日、行ってきました。

つまり、私としては、今までの人生で、覗き込むことのなかった世界でしたねえ。
でも、興味深く拝見、拝聴してきました。

谷敦志さんとは、かなり個性的な写真家ですが、写真を使ったアート作品ですね。
つまり、写真のコラージュで、世界を描く感じかしら。でも、セッティングでかなりのところまで作り込んでいるみたいで、じっくり見れば見るほど、面白い。

で、テーマは何かというと、エロス、SM、とかゴシックとか・・・。
私のキャラからするとねえ。違うでしょう? 私だって、Kさんに誘われたから来たけれど、行ってみて初めて「へ〜〜〜」って。

でも、これが不思議といやらしくないというか、エロくないというか。
きっと文字でその写真作品の表現を書くと、それはエロでしょう?と思うでしょうけど。
いや、本人は、エロスを表現しているはずだから、それを見て欲情しなければどうよ?なのかと思ったら、「眼球譚」という小説をテーマに作品を作らないかと持ちかけられて作ったと聞き、で、「眼球譚」って何?って調べたら、思い切りエログロの極地のジョルジュ・バタイユの処女小説なんですって。知らないよー。でも、いわゆる意識の低いエログロではないようです。三島由紀夫がそう言ってるらしい。

そこには、宗教という背景があっての作品と聞き、その辺がこの写真展にも影響しているのかなと。

例えば、ものすごく作り込まれたその世界の1点には、カーテンに囲まれたなかに、イノセントな人形のような(実際、針金で足や手がつられているように伸びているし)女性が(かわいかったりロリ系でもないんだよ)、ボンテージ系のかっこうをしていたりするんだけど、そのカーテンの真ん中、絵の中心の少し上に気がつかなないくらいに、逆さに十字架のキリスト像がまぎれていたりするの。下のほうには、卵の殻が散乱し、たぶん、聖書の上には、卵が(目玉だねえ)割られ、女性の性器の部分には虫眼鏡が置かれ、その中には、ブルーの黒目?の眼球が見える。(いや、驚いたのは、眼球をそこに入れて、しっかり虫眼鏡をセットしたんだってのには。明らかに、はめ込み画像かと思ってたのに!)でね、大きなその作品には、文字の羅列がレイヤーで敷いてある。よく見ても何語の文字かわからなくって、アラビア語に似ているんだけど、違うなあと。で、コーランのようなものかしら?と思っていて、気になっていたの。そうしたら、会場を出るときにご本人が私たちに(会場でイラストレーターのSさんと一緒になって)声をかけてくれたので、何語がうかがったら、ヘブライ語の聖書だって。な〜〜るほど。

で、女たち(途中で、インターネットで探して初めて観に来たという若いかわいい眼鏡の女性と一緒になり、さらに私たちを誘ってくれたKさんとも合流し)が駅までの道のり、「でも、エロくはないよねえ。というか、今日、女の人が多かったし」「一番エロかったのは、山口さんだよ」「そうそう、こないだの、寺山修司のときも、ベリーダンスの人やストリップ系のパフォーマンスのダンサーの女性より、山口さんがエロかった」「そうそう」という話題で盛り上がった。
で、その山口椿さん。チェロを即興的に演奏するのだけれど、今回は、あらかじめ録音されたフランス語の詩や演奏に生の演奏が加わるが、PAを通したチェロの演奏で、今回初めてチャレンジしたんだそう。映像は、谷さん作の8ミリ作品のようなアートな作品で、演奏とよくマッチ。最後のほうは、エフェクトでディレイをかけてのチェロ。若干汚い音が出てくるのは残念だったけど、面白かった。赤い照明に照らされて、「やっぱ、山口さんの照明は赤だよねえ」という意見に、みなうなずく。

なんか、世が世なら、女子があのような作品群をなめるように見て、「あの貼ってあったお花のシールは、お買い上げしたあとは、はがして飾れるんですよねえ」なんてことをあっけらかんと話しちゃうなんて、ありえなかったでしょうねえ。

で、谷さんのミニトークショーもあったのですが、2度ほどつまんないギャグをかましておりました。関西人の性ですね。トークで笑いは取らねばならぬ。東京ではイマイチ通じなくて残念。作品のイメージとちょっと違い、とっても気さくなお人とお見受けしました。

最初の頃は、恋人や(元)妻を撮っていたけれど、撮ってくれというオーダーが増えてそういう人を全部撮っていたんだけど、最近はまた戻して(選んで)いるんです、って言ってました。
で、帰り道のガールズトーク「撮ってほしい人ってそんなにいるんですねえ、SMですよね」「いるんだよ」「へ〜〜」

ド素人ですから、私たち。
で、途中参加のメガネちゃん、かわいい真面目そうな若い女子なのに、新宿に(SMや猟奇写真を集めた)美術館?があって、水曜のある時間帯だけは女性専用なんです、とかいう、レアな情報を持っていて、この子大丈夫か?と少し心配になった私です。

いやしかし、こんなのブログで書いたら、荒らされそう。お手柔らかにね。

くわばらくわばら
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-18 00:25 | ライヴ

起きててよかった

日本が勝った!

岡田監督、よかった。

決勝進出も芽が出てきたんじゃないの?
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-15 01:02 | 出来事

オカルト眼球

とまあ、私はけっこう自慢できる感じの健康者だけれど、案外弱いのが、眼とのど。
で、何回目かの眼球出血。
っていっても、眼球の白目のところの毛細血管が何らかの弾みで切れて、出血。
つまり、白目に鮮血が赤く出現するのだ。
目医者さん曰く、「充血と出血は違うものですから」ということで、眼の表面も眼底も特別悪いところはなく、従って、初診料と診察代1250円をただとられて、目薬も処方してくれなくて、ほっとけば治ります、なのだ。むなしい。

けっこう、今回は大出血で、右目の黒目以外がオール鮮血。
ほほほ。めっちゃオカルト。

ビビるのよねえ、若い女子は。
うちの会社の女子は、もう二人とも30半ばだし、私の出血歴をご存知だから、なんでもないけれど、知らない女の子は、「痛くないんですか?」とビビる。まったく痛くも痒くもなく、ちょっとゴロゴロするだけ。

私だって、もう1週間毎日見てるから平気だけど、それでも、つくづくオカルトだと思うもの。

写真でも撮っておこうかと思うけど、それも嫌なくらい、真っ赤な眼の私です。
あ〜あ。これでコンサート行ったり、美容院行ったり、打ち合わせ、会議に出たりと、通常業務をこなすのであります。
辛いよ。
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-14 21:46 | 出来事
このリサイタルシリーズは、12年かけて24回シリーズで行うというもので、9回目となるのが、この夜。
~感動のソナタ~と名付けられたプログラム。
24色という色も各回に与えられているという企画だ。プログラムは以下の通り。

◆イメージ(緑がかったグレー):錯綜する思い・安らぎと不安・立派な手ごたえ
シューベルト:ソナタ第13番 イ長調 作品120 D.664
ショパン:ソナタ第2番 変ロ短調「葬送」作品35
ブラームス:2つのラプソディー 作品79 より 第2曲 ト短調
シューマン:ソナタ 第3番 ヘ短調 作品14

土曜の午後3時というのも、行きやすい。
いい気持ちで音楽を楽しめた。
こういうコンサートもいいなあ、と、次回のチケットもゲット。

アンコールもショパン3曲、シューマン1曲弾いてくれてうれしかったが、
ショパン:
ワルツ 第19番 イ短調 遺作
ノクターン 第13番 ハ短調 作品48-1
シューマン:
ソナタ 第3番 ヘ短調 作品14より第3楽章 初版(1836年版)
ショパン:
ワルツ 第9番 変イ長調 作品69-1「別れのワルツ」

なかでも、シューマンのソナタが素晴らしかった。
[PR]
# by shes_inn | 2010-06-13 22:23 | ライヴ