好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

KK JAM LIVE

いやー、面白かった。かっこよかった。

石川さんが妙になごやかで、ビックリ。

中年パワー炸裂。

勝田さんはテナーサックスが私は好きだ。いい。

窪田さん、すごいよ、かっこいいよ。

オリジナルカクテルが気になって注文した。グラスを下から覗くと窪田さんがって、いったい??

あはははは。足が両足ちょこんと見えました〜〜。
[PR]
by shes_inn | 2009-03-28 00:16 | ライヴ

世界一

WBCが終わりました。
まともにテレビで見た試合は1試合だけでした。今日だって、もう、ネットで試合経過すら観られないくらい忙しくって。特需ですから。

でも、わりと忙しいのが好きなんでしょうね。一時のストレスはなく、やったるで旋風吹きまくりです。

それと、新しいヘルスメーター買ってから、案外太ってないよって言うメッセージに気を良くして気を抜いたとたん、一気に2キロ近く2日で太った私。ありゃあ、ほんと困ったものです。
まあ、気を取り直して、仕事が始まれば、1キロ戻ってほっとしてます。お菓子食べる暇もありゃしないんだから。

結論として、スキーはたいした運動じゃないんだね。
左目の上にちっちゃいけど紫の痣作って、眼鏡のレンズ割って、人のゴーグル壊して、最低なスキーでしたがね。おかげで出費がかさむこと。レンズが高いのなんのって。せっかくバーゲンのときに買ったのに、1個割ったら元も戸もありゃしない。でもいい経験になりました。

さて、WBCです。すごいなあ。原監督見直したよ。どうのこうの言っても野球は監督次第です。
同世代だから、どうしても点は辛くなるし、アンチ巨人の私には、どうも頼りない奴だけど、今回は、誉めます素直に。おめでとうございます。

男村田がケガしたのはとっても痛いけど、内川が大活躍したのは本当にうれしいし、今季もやってくれるでしょう。

野球、今年は3試合くらいは観に行こう、せめて。

もう、寝なけりゃいけないね。

そうそう、こないだの連休最終日、姪が赤子を連れて見せにきてくれました。2カ月の赤ちゃん。
かわいい、小さい、抱くのが怖いくらい。座布団で十分おしめが替えられるんだよ。懐かしいなあ。その女の子の赤ちゃん、パパにそっくり! 1回しかあったことがないのに、顔を思い出しちゃうくらい。できれば、姪に似たほうがかわいいのになあ。
[PR]
by shes_inn | 2009-03-25 01:26 | 出来事

フィッシュストーリー

観てきました。
連休は、会社に行こうと思えばいくらでも仕事はあるけど、そうはいかず、デザイナーの仕事上がりをチェックするだけにした。
おかげで、今日までのんきにできました。

夕方チェックしたら、デザイナーが仕事をしてくれていたので、夕方少し仕事して終了。
めでたい連休でした。

で、1日目は掃除と日韓戦と休憩で過ごし、2日目はやっぱ、じっとしていられなくって映画へ。

伊坂原作のこの映画、『アヒルと〜』の監督だし、なんつっても音楽がらみの内容っぽいし。
原作は読んでいないので都合よし。
伊坂の映画で原作読んでいてはだめでしょ。

この映画、大変不幸なことに、入りが相当悪かったです。前の日は、公開初日で、舞台挨拶あったみたいだから、入ったんでしょうけど。でも、そんなの関係ない。
というか、連休の割には、川崎のチネチッタでどうも芳しくないんですよね。
時間帯のせいかな? ただし、お外でやっていたアイドルの握手会には、男子がものすごい勢いで並んでいました。かわいい子だったけど、

さて、映画、よかったです。伊坂作品なのに、希望があります。失望を通り越した希望みたいな。

売れなかったパンクバンドっていうのの、ヴォーカルのお兄ちゃん、高良健吾がめっちゃよかったし。今まで観た中で、森山未來はこの役が一番かっこいい!

主役という主役は、いません。時代が前後して組み合って、最後の『へえ〜』な結末へと向かいます。

その配役で、『アヒルと〜』にも出ていた“彼”が出ていたのが笑えました、今回もつまんない役で適役です(笑)。

とはいえ、希望が災いしてか、『アヒルと〜』のような切なさはありません。感動話でもないんです。でも、最後は何だかスカッとしますぜ、お立ち会い。

私は好きです! 
[PR]
by shes_inn | 2009-03-22 22:16 | 映画

送別会

元編集長の送別会でした。

その店は、かつてまだうちの社長が元気一杯のころ、よく忘年会の2次会で使っていたカラオケバーのあとにできた割烹。おいしかった!

で、主役はまだ56歳で早めの退職。余裕で悠々自適生活に入るらしい。
見た目とかは割と正直そんなに切れ者には見えないけど、振り返ってみると素晴らしい実績を残した人で、うちの会社ももうこういう後ろ盾がなくなるのだな、と寂しくもあり、不安いっぱいなのです。

楽しい会になりました。

で、家に帰ったら、生協のポイントで引き換えたマルチ体重計が届いてました!

早速電池を入れ、何やらいろいろ設定し、お風呂に入る前にまず計測。

体重、体脂肪、骨料、基礎代謝となんとか年齢、水分量とかけっこう測れるの。

で、お風呂前、たっぷり食べて飲んで、なんと! 基礎代謝のなんとか年齢が35歳。ふふふ。いいじゃん。体重はそこそこあるのですが、体脂肪も標準−だし、骨料も普通、筋肉量も+1。

さて、入浴後。基礎代謝なんとか年齢33歳! 筋肉量は+2で。ほくほくです。

体重もう減らす気なくなりました〜〜。
[PR]
by shes_inn | 2009-03-18 00:10 | 出来事
今年も行って参りました野沢温泉へスキーへ。
思い起こせば、昨年はみんなに遅れて夜行バスで向かった野沢ついたときは道路は乾いていたのに、持ったのは午前中だけ。あとは、嵐〜〜〜。冬の嵐とは、こんなにすごいのかと思うばかりの、宿の奥さんもこんなのめったにない、嵐〜〜〜。

で、今回も・・・
朝6時半に出発、到着した金曜日。怪しい。案の定、ゴンドラもやっとこ長坂が運転されていたけれど、その上のリフトも日影のゴンドラもSTOP! 雪も今年は少なくて、もはや春の嵐。

「sheさ〜〜ん」とみんなに責められ、ははは、笑うしかない。

正直、私は温泉に入れればいいのよね〜〜。
さて、問題の土曜日、下の日記のように、夜半から大雨。
朝から雨。

言っておきますが、スキー場の雨は一番質が悪い。

みんなテンション下がりまくり。

「sheさ〜〜〜ん」
はい?

宿の少年と結局、昨年のように大ウノ大会。

それでも、昼からなんとか雨から雪に変わり、スキー場へ。
おいしいそば屋で1時間くらい待って食べてから2時間のスキーを楽しもうとでかけると、最初は視界がちょっとだけというガスだったけど、晴れ間さえ出てきて、束の間の晴れを日影のゴンドラ上に登り喜んだ。

が、それも束の間。また、ガスっぽく雪となり、私とまゆみちゃんはとっとと日影のゴンドラで下り、遊ロードで温泉街まで下ったのでした。

そして、いよいよ最終日! やっと晴れました〜〜。

みんな思い思いにスキーを満喫。

なんだけど、私は、ダメでした。

まず、スキースクールなんかの日でただと聴いて行ってみたら初心者と初級の聞き違い。
で、止めてみんなと合流しようと思ったら、まゆみちゃんのお母さんから借りたスキーの靴がヒビいっている! 仕方がないので、レンタルで靴だけを借りて、一人でゴンドラに乗り、パラダイスコースを5往復して楽しみ、みんなと合流したのでした。

そこまではよかったのだけど、そのあと、食事をとろうと下るとき、初級用の林間コースで私ったら顔面から突っ込む転倒。借りたゴーグル並びに眼鏡が大破。
眼鏡は左目のレンズが割れて、比較的粉々・・・。ゴーグルはヒビヒビ・・・。

私は動転したけど、自分の顔並び目はちょっと痛かったけど無事でした。

顔から突っ込むような転倒は初めて。あり得ないよ、あんなコースで・・・。

いや、弁解すると、結構疲れていたのよね。歳だわ。

少々めげて、だいたい、目も見えないので、食事の後は、パラダイスコースを2往復滑って下山しました。

帰ってからお風呂に入ってゆっくりしましたさ。

そうそう、野沢のお風呂はいい!

まず、宿の近所の十王堂、そして初日の夜に今回初めて秋葉(ここは少し緑がかった湯でいい感じでしたよ)、翌朝、念願の大湯へ。朝は空いていてよかった! 
二日目の夜は、ご飯前に十王堂、ご飯のあとに遠出して滝の湯へ。ここもよかった。

結局、温泉三昧で満足なのでした。

帰りは関越道が驚異的に事故渋滞でとんでもなかったけど。

嵐を呼ぶ女、低気圧ガール、スキーはやっぱりどうもそりが合わないなあ。

さて、来年リベンジはあるか?
[PR]
by shes_inn | 2009-03-16 22:56 |

野沢温泉にきています

私は、低気圧ガール~

雨です(T-T)
[PR]
by shes_inn | 2009-03-14 10:23
沖先生、なんという魅力的な御仁なのか!

特別授業1時間半と先生の退官記念パーティーにおじゃましました。
ホントおじゃま感が否めませんでしたが、でも楽しかった!

大阪は、海遊館とかトレードセンタービルとかがある南港というエリアに相愛大学があります。

相愛大学は音楽大学として、歴史のある大学で、そこの創作演奏という学科、電子オルガンを学べる学科ですが、そこでずっと創設から頑張っていらしてる沖浩一先生が、定年で退官なのです。
とはいっても、あと2年は非常勤で授業を持たれるので、まだまだではあります。

そこで、退官記念授業とパーティーが卒業生有志の提案で行われたのです。なんだか、あったか〜〜〜い感じで。居心地がよかった。大阪の人たちの人柄もあるだろうし、沖先生と言う得難い人物が作る空気もあるでしょう。

で、授業は、笑える。先生、コンピュータ使うのや、刷り物の用意でここ数日眠る時間がなかったと言うことで、大変、エレクトーンを弾きながら、指が動かないとこぼしていらした。
のに、コンピュータ結局いっさい使わず! 資料も順番が気ままだったため、ほとんど宝探しゲームのよう(笑)。1時間半の授業時間をまったく無視した資料だったので、当然、収まるはずもないのですが、そこが先生らしかったみたいで、学生、卒業生、教室にたくさん集まった皆さんは幸せそうでした。
それに、ときどき発する言葉の鋭さやユニークさに、やはり先生すごい! でした。

教えることと研究すること、大学という場で先生が渾身で過ごされたというのが伝わります。

実は、私などは、先生が教える仕事に大幅に時間を割かれ、演奏活動がほとんどできなくなったことに正直、残念感は高かったのです。

でも、人を育てることは、大変価値のあることだなあ、と思いました。

お幸せですね。

大阪出張、行ってよかった!
[PR]
by shes_inn | 2009-03-08 15:06 | 出来事
3月5日 蒲田のアプリコで。

入稿でおおわらわの夕方、「じゃ!」と会社をサクサク出て、向かいました。
会社に携帯と「プリンセス・トヨトミ」忘れた・・・。また、やっちゃった。
まあ、仕方がない。

アプリコは、チケット完売! このご時勢にうれしいことです。
3000円という料金も魅力ですが、私個人としてはなんといっても、小山実稚恵さんのピアノ!

海老原 光という若手指揮者が東京交響楽団でベートーヴェンを振るのですが、ピアノコンチェルト「皇帝」と交響曲「英雄」の大曲2曲、なんだかドキドキしてとっても楽しみにしていたのです。
私はクラシックの演奏会は久々で、オーケストラでベートーヴェンの大曲を生で聴いたことがないんです。いい悪いのなんのかんのなんて、自分の思い方次第ですよね。

2階の1番前のほぼ真ん中の良席をネットでゲットしていたの。フフフ。とりあえずゲットしてからマユミちゃんを誘った次第。

あー、素敵でした。小山さんのピアノ。ある1音がとくに響きました。
それと、ベートーヴェンのすごさというか、オーケストラの面白さがたまりません。
さまざまな楽器を本当にいいところで出してくる。
2階席1番前の席では、ひとりひとりの動きが全部よく見え、目をそらすことができないんです。

コントラバスが6台で低音をぐっと支えたり、ユニゾンの力がいやいや、かっこいい。

オーボエの奏者が素晴らしくって、あれだけいるオーケストラで、ソロの音がしっかりフィーチャーされているし。

「英雄」での中間部、3台のホルンのところは聴き所とプログラムに書いてありましたが、確かに面白い。ホルンという楽器は中低音を支えるポジションや音色を柔かに支える力、そういう楽器をこういった部分で高らかに奏させる。魅力的な楽器。

ストリングス・セクションでは、2つ。
「皇帝」でのビオラ。1カ所なんですが、素晴らしい入り方をする。「うお〜〜」と惚れました。
「英雄」で弦楽3人の部分も面白かった。第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリン、チェロの3人です。

曲を作ることも、楽しいんでしょうねえ。

まあ、とにかく自分なりにすっごく楽しみました。


海老原さんは、めっちゃ腰が低くて、カーテンコールでは自分よりオケのすべてのメンバーを立てまくり。
ふたりで(というか、会場の皆さんみんなが)ニッコニコで会場をあとにするいい演奏会でした。

これからもその気持ちを持ち続け、いい音楽を演奏するビッグな指揮者になってくださいね!

ということで、次はお食事です。

蒲田駅西口近くのいいお店につれてってもらい、おいしく楽しく飲食。う〜〜ん、贅沢な時間!

とくに野菜サラダが、京野菜などきれいで食べごたえがありました。




a0064290_14442687.jpg
a0064290_14444629.jpg

[PR]
by shes_inn | 2009-03-08 14:45 | ライヴ

少年メリケンサック

3月1日に川崎 TOHOシネマズで。
いやー、聞いてください。最悪のような、最高に笑えるようなありえない日でした。

というのも。
お財布忘れて出かけちゃったの。

蒲田の駅でスイカで入ったら何だか、改札が鳴っちゃったんだけど抜けちゃったので、まあいいかと川崎へ。午前10時。
川崎でまた鳴ったので、駅員のいる窓口で。チャージ不足で「30円です」と。で、バッグを見たら、財布がない! 呆然。30円でビビる私。
あわててバッグを探したら、カード入れがあって、中に1枚だけクレジットカードがあった。
キャッシングするしかないかと駅構内のATMに行ったら、まったく使う気のなかった映画館関連のカードで暗証番号がわからない。もう、あらゆるポケット探したら、現金110円。私のだらしなさが役に立つ。で、30円は払えたので駅を出る。
いやー、映画どころじゃないじゃない。

頭をフル回転させる。えーと。そうだ! 生命保険のカードならある。これでもおろせるはずと関連のATMを探してチャレンジするもだめ。電話したら、土日はだめなんですだと。
う〜〜ん。映画はカードで見られるし、買い物だってできる。しかし、家に帰れない。

JRの窓口で、カードでスイカをチャージできるか聞いたらNG。困ったと話したら、窓口できっぷはカードで買えますと。蒲田まで150円をカードで買う。でも、蒲田からは、果たしてカードできっぷが買えるかどうかがわからないとJRの窓口のお姉さん。歩いて帰るの〜〜〜やだ〜〜〜。雨降ってて傘なくて1時間半かかる〜〜。
友人に電話とかも考えたが、どうも・・・。

最後の最後に、思いついたのは息子。で、電話で呼び出す。
結局、来てくれて、お昼を出してもらいエビ天丼食べて、一緒に「少年メリケンサック」を観る。1500円貸してもらって、飲み物代130円出してやる。映画のチケットは持っていたカードでお支払い。買い物もしちゃった。現金なくても、たいがい大丈夫なのね。でも、その飲み物代のために、『クローズゼロ2」の前売り券買えなかった・・・。ポスター〜〜(涙)。

たかが150円。されど150円。小銭がないのは堪えた。

いやー、しかし、財布忘れるなんて、ありえないよね〜〜〜。お疲れさま。

で、映画は面白かったよ。パンク好きの私としては、若干微妙な空気はあったけど。笑いのつぼは思い切りはまってました。
前監督作では、ちょっと無理矢理だったけど、今回は相当万人向けだったと思います。

息子、サンキュ!
[PR]
by shes_inn | 2009-03-03 23:42 | 映画