好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー

<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

東京タワー

仕事で、写真を撮りに行ってきました。

結構混んでいて、さすが。
2時からのコンクールに間に合わせるために大忙しで。
そしたらね、大展望台の上の特別展望台大に行こうとしたら、50分並ぶと聞いて、却下。
50年前の完工時は、特別展望台には行けなかったんだしな。よしとしよう。

いいお天気で、富士山もうす〜〜く見えたけど、白い富士山は、空にまぎれてちょっと残念でした。


a0064290_2392928.jpg

入口で、見上げる東京タワー。
a0064290_239438.jpg

タワーの影が面白いでしょ?
a0064290_239559.jpg

キャー!って、ガラスの床です
[PR]
by shes_inn | 2008-11-30 23:10 | あれこれ

ハッピーフライト

金曜日がプレ忘年会で、その流れでハルちゃんとユッコが泊まり、その流れでハルちゃんと観てきました。

楽しかったし、けっこうドキドキ。
飛行機嫌いの人には下手すりゃ、パニック映画(笑)。

ちょっと極端な雷とか、ありますが、笑えて、飛行機マニアな群像劇でした。
こういう映画で友達と笑ってみる映画って、楽しい。

キャストも良く配置されていて、その辺のうまさはたいしたもの!
群像劇といえば、グランドホテルなわけですけど、なるほど、飛行機とか、エアポートなんてのも、よい劇場となるものだな。
それでも、ある意味「有頂天ホテル」のような息苦しさは、まったくない。
そりゃあそうだ、別段深刻なドラマがなんにもないんだもの。
飛行機に乗っている人たちには、これといったドラマは感じられない。
あくまでも、監督が率先して「飛行機好きなんだよね、ねえねえ、こういうこと、知ってる?」的な、トリビアネタでせまるんだ。

ラストのフランク・シナトラの歌がまったく雰囲気そのままで、けっこう映画ってこれでいいのかなあ、と思うんだよね。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-30 23:04 | 映画

ひと安心

結局、夫の細胞診は、陰性でした。
まあ、ひと安心。

2週間の禁酒期間を終え、さっそくお酒飲んで、懲りない夫ですが(笑)。
来年の検診予約をしてきたそうで、気をつける気持ち満々です。

まあ、お酒もウン十年ぶりに大分抜けたので、これからは、週1回程度の肝休日を取ってほしいですね。

こういうことがあったほうが、気をつけるからいいのかもね。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-27 08:37 | 出来事

伊勢原 大山

紅葉狩りに、ハイキング。昨日行ってきました。

今回は、yoさんと優しい旦那と3人で。
お天気が良くってね。
小田急線ではなくって東海道線の駅まで迎えにきてもらい、8時に出発。
混むに間違いないとは思っていたけれど、やはりなかなかの人気。
ケーブルの駅まではそれでも600メートルくらい歩きます。大山詣っていうのは江戸時代に人気があったっていうから、宿望を兼ねた土産物、名産屋が並んでいて、ちょっと楽しい。

a0064290_21174558.jpg

ケーブルに乗り込んで阿武利神社の下社まで。
a0064290_21182628.jpg

さっそく、見晴し台からのコースに取り付く。
a0064290_21185838.jpg

yoさんがテンションが極めて下がっていて、もう帰る。もうだめ、とかいうのをなだめながら(笑)、それでも、横浜、東京を一望できる素晴らしい眺めに励まされながら登る。

けっこう、それなりにちゃんとした登山コースなのだ。
a0064290_21195213.jpg


だましだまし、励まし励まし登頂!
a0064290_21202757.jpg


茶屋で、トン汁とお稲荷さんを買ってお昼。このトン汁がトンは見当たらなかったもののすごい野菜がた〜くさん入った実だくさん。しかも切り方がダイナミックで、7ミリくらい厚かったり(笑)。おいしかったです。富士山も見えました。
a0064290_21211944.jpg


下山はいわゆる参道のコースで。けっこう、こっちのコースのほうが直登な感じ。でも下りはyoさんも大丈夫でした。

下社まで下りると、それはそれは素晴らしい紅葉。
a0064290_2127937.jpg


a0064290_21275054.jpg



a0064290_21305014.jpg

夕方5時過ぎには家に帰って、お土産の「おまんじゅう」「ざるどうふ」「生ピーナッツ」(を煎って)などなどうれしくいただきました。
気持ちよかったよー。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-23 21:32 |

犯人に告ぐ

テレビで。
テレビで観る映画としては、案外面白かった。
豊川悦治がよかった。
小説が原作だそうだ。

小説はもう少し、陳腐じゃないのだろうけど、なんだか視点が犯罪にないのが気になる。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-16 23:02 | 映画

エリザベス

も観ました。
途中、けっこうわかりませんでした。
ほんとうにうといんですよ、歴史に。
告白します。
歴史が大の苦手でした。高校時代まで。
世界史なんて、あり得なかったし。

私は、どちらかというと理系の教科のほうが好きで、記憶だけすればいい勉強って言うのが納得できないという、適当な理由で、歴史などは、興味がわく勉強法が見つからなかった結果・・・・・・・。
しかも、近現代くらいは絶望的。
スペインの内戦なんて、まったく知らないし・・・。

ということで、たぶん、知っていると「うんうん」と言う部分もイマイチわからなかったですが、『ブーリン家の姉妹』とはつながりました。

このあとは、ドラマ版でつながったので、もういいや。

こういった凄惨な歴史を経て、ヨーロッパは死刑を認めない社会になっている。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-14 23:40 | 映画

今年はどうも

例年と違います。

誕生日をこういう感じで過ごすのも、まあいいか。

夫が初めて入院しました。っていっても一晩ですけど。

今日ね、大腸の内視鏡検査があって、見事に8ミリ直径のポリープを1個発見し、そのまま切り取りました。で、今日だけ入院。

まあ、大腸がん検診はしたほうがいいんだね。納得。
うちのかかりつけのお医者さんが、夫が区の健康診断を受けたときに、割といい結果が出たんだけど、貧血と体重の減少があったので、念のために大腸がん検診を勧めてくれたの。
区の健診は、別なんですよね。
たまたま8月に健診を受けて、9月から区の大腸がん検診が始まったのですぐに受けて、2回の検便の1回が引っかかったんだね。
で、しばらくぐだぐだ忙しいの暇がないのと逃げていたけど、私が一喝したらしぶしぶ今度の内視鏡となった。
早期発見こそ、勝利なのだから。
主治医の先生にも「よかったですね」と言われたっていうからよかったのでしょう。

しかし、歳をとると、病気はやっぱりするんだねえ。皆さんもお気をつけくださいね!

今日は予定されていたので、誕生祝いはこないだの土曜日にしました。
モンサンクレールの生ケーキでね、洋梨が、めっちゃくちゃおいしかったよー。
で、今日は、息子と私とお見舞いに行ってその帰りに、麺と飯屋で夕飯を息子と食べて、おごってもらいました! やったー!

お酒大好きの(ほぼアル中)夫がこれから2週間の禁酒です。かわいそうだけど、健康のためにはむしろいいことだと思い、こういうこともよかったと言えるに違いないと信じるのだ。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-13 00:10 | あれこれ

頑張る

田原さんは、本当に情けなかったんだと思う。

筑紫さんの番組を見た。

私は、ほんのちょっとだけど、放送という仕事を目指して学生時代を過ごした。
実際、本当に目指していたかはあいまいだけれど、現場の雰囲気というものがそれでも流れていた学科だったと思う。
まずは、動く。人に言われる前に動く。感じる。人が感じる前に感じる。
そんな空気は、そこはかとなく感じられた。

それが、放送のベーシックであると。それは、時間が相手だからだ。
時間はどんどん先へ先へと行ってしまう。それをつかんで、そこを前に走る、そんなイメージ。

もしかしたら、今、テレビの影響かもしれないけれど、社会自体がそんなふうになっているのかもしれない。
確かなことをしっかり確認するでなく、印象や雰囲気でさくさくとやりすごし、なるべく他人と軋轢せずに、自分が勝手にできる空間を確保する。そのためには、時間を無駄に使わず、効率と他との軋轢を避けることが何より優先する。

だから、「なっちゃないな」とかは言いながらも、小泉ごときにすっかりだまされる。

がんはどこまで進行しているのか。

戦う準備をどうすればいいのか。

まずは、動く。その潔さを、歳相応に考えつつ、戦ってやる。若き頃培った「動きの速さ」と、年齢を経て培った「物の本質をつかみ取る」落ち着きをもって。

ここ数日、へたれていた。左肩と腕が痛くてだるくて、気持ちも落ちていた。

でも、そんなこっちゃ、いかん。頑張る。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-11 22:12 | 出来事
なんだか、ここ毎週、TSUTAYAに土曜日歩いて行って、DVDを借りている。
今週は、標記の映画と、映画版の「エリザベス」。いちおう気持ち悪いので、

先週は、「舞子Haaaan!!」。テレビのセッティングしてから片付けながら見ていたので、中途半端で感想も書けない。だからといって、見直すようなもんでもなかったので、終了。

で、ボーン。
こういう精神状態だとね、何見てもつまらないのね。
しかも、昨日はもうひとり、訃報を聞いたばかり。
心が躍らない。まあ、躍るような映画でもない。う〜〜〜ん。不毛な映画だね。
こういうネタで、シリーズを終わらせてだね、しかも関係ないドラマが3本入っているらしい。2枚組だよ。宣伝のドラマが3本もくっついている。見る気にもならない。
後ろ向きな気分とは、こういうときを言う。まったく私らしくもない。腹立たしい。自分に。
斎藤英美先生は、今年大御所対談で久しぶりにお会いした。お会いしておいてよかった。ちょっと強面なので、取っ付きにくい印象はあるが、私はそういう方にまったく人見知りしない。全然大丈夫。
実は、フランクな方だ。嘘を言う方でもない。
おやせになっていたけれど、お元気だった。
寂しい。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-10 22:24 | 映画

気持ちがすぐれない

ちょっと風邪気味。
仕事もちょっと煮詰まる。
大好きな先生が逝ってしまう。

そしたら、9時前のニュースで6チャンネル見てたら、筑紫さんが亡くなったと。
思わず、声が出た。

間違って借りちゃった、『エリザベス1世』のドラマ前後編を、夕べと今夜で見終えた。
非常につまらなかった。何も得るものがなかった。

こんな日もある。

明日は、排水管清掃だ。早く起きなけりゃ。

生きると言うことは、続くと言うことだ。
続く、続く、明日も続く。

どんなに悲しくても、うれしくても、寂しくても、続く。

続く、続く、生きているから続いてゆく。

チゲ鍋食べて風邪を吹き飛ばした。

さあ、お風呂に入ってもう寝よう。

寒いなあ。
[PR]
by shes_inn | 2008-11-07 23:06 | 出来事