好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー

<   2008年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

府中の刑務所 8/30

初めて行っちゃいました。
いや、その道路ひとつ隔てたお宅なんですけど(笑)。
夜も8時過ぎに行ったので、黒い森でしたけど、結構大きな敷地なんですね。

って、楽しい楽しい宴会でしたよ。
おいしいお料理にお酒もおいしくって、行った甲斐がありました。

夕方からは、マンションの大規模修繕の会議で、これもねえ、面白いんだ。

こういう委員会とかは、たいがいの人がやりたがらないでしょう。
だけど、私にしてみれば千載一遇のおもしろ事件なわけですよ。

ちょっと楽しみです。これから3年くらいかかるのかなあ。終わるまで。
大変かもしれないけど、私は広報担当なので、まあなんとかなるでしょう。
[PR]
by shes_inn | 2008-08-31 23:59 | 出来事

スタジオ見学2日目

そんでもって、今日は十二弦箏。現代曲のコラボ。すごい!
なんつったって、20分はあろうかという大曲。
まあ、いっぺんにはレコーディングでは無理なので、分けて録って行ったのだけど、いやー。すごい。

そのひとこと!

レコーディングも考えてみるとライヴなんだよね。

そうかあ。
[PR]
by shes_inn | 2008-08-28 22:59 | ライヴ

シズコさん/佐野洋子

とっくに読了してました。

これはね、最後のほうは本当に心に染みましたよ。

母と娘の関係は、こないだの日曜にBSの書評番組で出ていた方がいみじくもおっしゃっていたが、難しいものなんでしょう。

私の場合は、母はよく働く明るくて、我慢強くて、好奇心も旺盛で、おおらかな、友達みたいな母でした。高校までは。

大学1年の夏、忘れもしない。

くも膜下出血の発作で右半身が動きづらくなり、少し惚けました。

命も危うい重篤なけいれん発作が病院でおき、病院で起きたが故に命はつながりました。

でも、当時彼女はまだ45歳でしたけど、手術できるお医者さんが県内にわずかで、転院待ちで1カ月。そのあと手術。大学生の長い長い夏休みが終わっても自宅で面倒をしばらく見て、冬近くに復学した覚えがあるな。

しかし、高校までのあの母はもう戻ってきませんでした。

だからね、難しい母と娘の関係にはなりようがないの。

そういう私が読んでも、最後はねえ。ホント染みましたよ。真実だけに。
[PR]
by shes_inn | 2008-08-27 23:36 |

スタジオへ見学

プレイヤーさんのレコーディングが最近目白押し。
今日は、平部やよいさんのレコーディングへ。

素敵でしたよ。
レコーディングの方法がちょっと変わっていて、スタジオ内にスピーカーを用意し、そこにエレクトーンからの出音を出し、それを指向性のある2本のマイクと無指向性のマイクを立てて録音するという方法だ。もちろん、エレクトーンからもダイレクトでつないでもいるので、そのミックスの加減も。
基本、スタジオはデッドなので、リバーブは適宜かけるのだけれど、エレクトーンの場合最初からリバーブをかけていたりするので、あまりリバーブが過多になるのは好ましくなく。こうすることで、演奏もライヴ感が出る。
普通に考えれば直につないで録音すればいいのだけれど、今回はサックスとのコラボ、バンドネオン、そして十二弦箏のコラボがある。彼女の曲はアインザッツなしでは演奏できない曲だし、もちろん一発録りだから、この方法が有効なのだそう。
なかなかいい音してました。
スタジオが大好きなので、思わず長居してしまった私です。
[PR]
by shes_inn | 2008-08-27 22:50 | ライヴ

なんだか寒い

8月の終わりでこの涼しさは、テンションが下がる。

雨が降り続くのもテンションが下がる。

でも、今日の夕飯のそうめんはおいしかったな。だから大丈夫。

オリンピックが終わって、本気でテレビがつまらない。
[PR]
by shes_inn | 2008-08-26 22:14 | あれこれ

ブルックリンの八月

読了。

スティーヴン・キングの短編集。
まあ、小説だったら短編は少ない作者だ。そりゃあそうだ。書きたくて仕方がない人なんだからね。
「第五の男」はアクション映画のようなお話。
「ワトスン博士の事件」は、ホームズの模倣作品。ふ〜ん。
「アムニー最後の事件」は、上記と対をなすチャンドラーの模倣作品で、『フィリップ・マーロウ最後の事件』を意識したタイトルだ。
「ヘッド・タウン」は、小説ではなくノンフィクション。息子のリトル・リーグでの奇跡のような活躍話。
「ブルックリンの八月」は詩。
「乞食とダイアモンド」は元のお話がある。

というわけで、いつものキングとは大分違う作風ばかり。
とくに読みづらくって最初は「なんじゃ?」と思ったのが「アムニー最後の事件」。いうなれば、チャンドラーはあんまり読んでいないので、なんか?というか・・・。しかし、読み終わってみれば、面白いのだった。
で、「ヘッド・タウン」はなかなかの感動ストーリー。もともとスポーツライターの仕事をしていたと自分で書いた解説で言っているが、たまたま自分の息子が在籍したチームが、そのシーズン活躍した経緯が書かれていて、取材の賜物とキングのお話語りのうまさで読ませる。野球って、いいなあと思う。コーチたちの姿が素晴らしい。星野ら仲良し3人組にも読んでもらいたいものだ。

で、いよいよ購入しました!「リーシーの物語」。さてさて、単行本上下2冊、2段組み。わくわく。しばらくはさせてもらいましょう。
[PR]
by shes_inn | 2008-08-26 00:34 |

鋼の錬金術師 19、20

久しぶりに息子が「ほい」と手渡してくれたハガレン。
「おー、新刊ね」と読み始めるがいつものように、その前から読まないと???
17から再読して。
おー、おー、いよいよお話が収束しはじめ、お父さまと兄弟の父親との関係が。
しかし、なんというか、面白いなあ。
だいたい、この漫画って、子どもが読んでいるわけじゃない? んだけどさあ、めちゃくちゃ頭使うんだよねえ。それと、ああああああ、あのときの!という、メタルのジグソーパズルがシャキーンって音を立てて組み立てられるような、瞬間というのがあってね。
イヤー、面白いなあ。

これって、この局面までなって来たんだし、もう一度1巻から熟読する必要を感じるな。って、そんなことしてたら、すっごい時間かかるんですけど。
でも、私みたいに、脳みそが働き悪くなっている人は、続けて読まないとついてけないし。細かいところで伏線みっけってのが楽しいわけだし。

キングの新刊を手に入れたら、そんなの後回しにするしかないしなあ。

悩むのだ。

また、アニメ新シリーズが始まるんだって。といっても、私はアニメと映画はまだ未見。いまさら、最初から見るってーのは、無理でしょう?
[PR]
by shes_inn | 2008-08-24 00:26 |

ツクツクボーシ

今朝は涼しい。

ツクツクボーシが鳴いてます。

秋もすぐそこか?
[PR]
by shes_inn | 2008-08-22 09:32

ヤング@ハート

ソフトボールで興奮して、あとになりましたが、この映画も素敵!

今秋公開のドキュメンタリー映画です。

素晴らしい!

でも、もう眠くて書けましぇん。

では、
またあとで
[PR]
by shes_inn | 2008-08-22 00:07 | 映画
昨日の熱戦は、映画を見て帰らなかったので未見だが、上野投手がすごかったらしい。
で、今日は悲願の決勝戦。

素晴らしかった。

なでしこ女子サッカーは残念だったけどねえ。

女子は偉い! 今回は本当に頑張っている。
まあ、男子だった頑張っているけどね。

オリンピック出るだけで、そりゃあすごいんだもの。

ソフトの解説の宇津木さんが優勝したその瞬間「やったー、やったー・・」と雄叫びし、その後号泣していたのが印象的だった。
鬼の目にも涙・・・
[PR]
by shes_inn | 2008-08-21 23:43 | 出来事