好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー

<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いいいい、忙しい

というのも、原稿をためた自分も悪い?
いえいえ、なかなか書くためのまとまった時間は就業時間内には取りづらいというのが実際。
で、今週は昨日までの3日間、原稿書きを真面目に取り組み、3連チャンで終電コース。
しみじみ疲れました。
今日は、なんとか8時40分に退社しました。
そんでもまだ1本書けてない。まあ、でも4本取材して3本書いたら許してもらいましょう。
よーし、明日は頑張るぞ。書き終えるぞー。
(なんとなく明日のは気が楽です。頭の中にはほぼ形になってきたから)
大変だけど、でも、取材して人と出会って、それをいろいろな人に伝えられるというのは、悪い気はしません。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-25 23:33 | あれこれ

美容院に行く

やっと美容院に行く。3カ月ぶりくらい。
私はヘナで染めていてもう長いのだけど、だいぶ白髪も増えて、悩ましい。
とくに両サイドの生え際。
その辺はハイライト的にヘアダイをちょっと入れている。
ヘナだと白いところはそれなりに染まるのでだんだん、全体が茶系になってくる。オレンジ系というか。
でもヘアダイは抵抗があり。
往生際の悪い性格で。
でも、美容師さんはヘナをしている人の髪の毛は健康で洗髪しいても指通りがいいと、ほめてくれた。そう、ヘアダイを続けて髪の毛が次第に薄くなったりするのがイヤなのね。
いずれ、染めるの止めて白くてかっこいいのが、夢だけど、髪の毛はだんだんハリがなくなるので悩ましいねえ、結局。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-21 00:39 | あれこれ

松阪だけに

a0064290_2041960.jpg

出張で三重の松阪の帰りです。
松阪といえば松阪牛、のお弁当を食べながら名古屋に向かっています。
少し濃い目のお味でしたが、おいしいです!
一日頑張りました。新幹線ではビールだな!
[PR]
by shes_inn | 2007-10-18 20:04 |

レコーディング

とある私の尊敬するRさんが、アルバムをレコーディングしている。
まあ、すっとぼけて、直前までだまてんだった。
曰く「そんな大々的に宣伝はしない。地道に小さなコンサートを全国で行って少しずつ聴いてもらえればいい」
彼女らしい。
で、レコーディングに行ってきた。ちょっとマネージャーさんが呼んでくれた。
幸せでした。
彼女の初めて作ったというものすごい名曲を、今回は、ピアノとサックスとパーカッションで基本、録った。いやー! 変拍子バリバリで、それでもすごく印象的な流れが一度聴いたら染みついてしまう、ほんとうにすごい曲だ。
17歳で作ってというのが本当に信じられないが、それを50歳を過ぎて新鮮に演奏できるのもその曲の素晴らしさの実証だろう。
そんな楽曲を生んだ天才は、神に祝福されているに違いない。
でもねえ、先週の金曜日、渋谷でミュージカルを観ていたら観にいらしていて、終演後もうひとりの昔から知っているOさんと一緒にちょびっと飲んで帰った。考えてみるとレコーディング直前なのにねえ。
あのね、演奏もそれは余裕、というか、すごいんだけど、一発録り。オーバーダブは、彼女が弾くベースとストリングス。パーカッションもありましたよ、それはひとりだからね。しかし、基本、3回録っただけ。ふ〜〜、あり得ない人だ。早録りで有名は有名なんだけどねえ。
ミスがないのは当然のことだから、そんなのでやり直しはあり得ないし、演奏は完璧で、(毎回違うからある意味全部別テイクになるわけで)あきらめもいいんだよね。
とにかく幸せでした。彼女のピアノを弾く指先を、あの「プレリュード」を弾く指先をレコーディングされた演奏を、目の前で見ていたのですから。素晴らしい。

それとね、今日、若き才能、AYAKIくんという人が今度CD出すのでインタビューしました。
その中の4曲目、素晴らしく華麗なビッグバンドサウンド。それはそれは素敵な演奏でしたが、見本盤を一通り聴いて、即リピートしたその曲は、なあんと、ドラムとエレクトーンのデュエット、しかも一発録りだったっていうの! いやー、あんまり驚くことがない今日この頃、こんなに驚いたのは久しぶり! すご! インタビュアーのベテランジャズライターのKさんと一緒に「え〜〜〜〜〜!」とテンション思わず上がってしまいました。才能は常にどこかで生まれるものですが、これはただものではない! よく頑張ったねえAYAKIくん。すみません、おみそれしました。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-16 22:13 | 出来事

朧の森に棲む鬼 その2

もう少し、詳しく書いてみたくなった。
新橋演舞場で公演のあった、劇団☆新感線と松竹歌舞伎のコラボシリーズ。私は、その第1弾の再演で「阿修羅城の瞳」を観に行った。ずいぶん前だけど。
3階席の立ち見という恵まれない(花道がいっこも見えない)席だったけど、興奮した。その染五郎の遊び人的な男っぷりに。で、今回の「朧〜」は、最悪の悪役。反省いっこもしない悪役で、その徹底した悪い男が似合うんですよ、非常に!
何が悪いって、嘘つきでねえ、タチの悪い。悪霊に心を売る、まあ悪魔に心を売る。自分がのし上がるためには手段を選ばず、だましてだまして、殺して殺してのしあがる。その染五郎の色っぽいこと!
そんなえぐい悪を笑いとともにスピード感たっぷりに踊らせる新感線の手腕は、ますますグレードアップしているな。最後のシーンなんて、あなた、すごいよ! 
怪しい女がはべる酒場のいかがわしさとか、ドキドキするし、壮絶な殺陣のシーンもそれは鍛えられている。ここら辺は、歌舞伎の殺陣と、時代劇の殺陣とその上を行くスピード感。殺陣が大好きなあなたも魅了されること間違いなし。殺陣は面白いよ!
いきなり歌い出すミュージカルシーンだって、それはそれでいけているのだ(まあ、シーンは少ないけど)。阿部サダヲのお歌も聴けます。
そして、休憩の前と後で、緊張感がぐっと増してくるお話の醍醐味。
いやー、興奮します。
演劇のライヴ感と映像の迫力が合致して、しかも音も迫力あり。
役者では、阿部サダヲがすごく身が軽いし、かわいくてかなしくて、つよくてかっこいい!
古田新太は、どしっとしてて、おかしくて、存在感あるし。
女優では、もう、秋山菜津子! そして、エロティックで怖くておかしい高田聖子!
少年のようで少女のような真木よう子って、「ゆれる」のあの橋から落ちた女? 全然そう思えないまったく違うキャラで、びっくり。
とまあ、いろいろ見所満載なので、行ってみてください。
3時間(休憩15分)お値段2500円で堪能できます。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-15 23:52 | 映画
川崎チネチッタで。
特別興業ということで、宣伝もなければ予告編もなし。
劇場にいるかの設定か。2500円で、均一料金。特別感漂う。
新橋演舞場の超人気演目で、そりゃあ舞台を観るのが一番だけど、この映画はいい。
映画というより劇場中継?
それとも違うかなあ。
15台のデジタルHDカメラでとらえた芝居は、劇場空間と役者のアップがクリアに映し出されなかなかの臨場感。音量もけっこう大きい。迫力満点。
とまあ、外枠の話はともかく、面白い!
お話が面白い。役者がいい。染五郎の悪い男っぷりにぞくぞくさせられる。やっぱ奴は色っぺー。
映像は乾いたデジタルで、何しろ鮮明。アナログな舞台をこうしてデジタル臭むんむんの映像で観てハイになれるのも劇団☆新感線だからかも。
カメラワークと編集もスピード感あるし、劇場だと見逃したり小さくて見えない細部もサービス満点に映してくれるし。
イヤー今年観た中でも刺激的で感動した!

そんでも生で観たかったなあ。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-14 15:44 | 映画

歌姫

強敵の「踊る大捜査線Movie」と初回で戦うのだから分が悪いけど、それもいつものこと。
長瀬主演の「歌姫」に注目。我が家のチャンネル権のない私は、当然、ちっちゃな滅多に見ない7インチ(かな?)のコンパクトテレビで鑑賞。
今期はこれをチェック入ります。
ときどき、土佐弁、何言っているかわからないけど、味があります。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-12 23:22 | テレビ

悩ましい日々

テレビでドラマ「働きマン」をチェック。最近会社の女の子たちで回し読みをしているらしい。
なるほど。
この頃悩ましいのは、また編集長が異動になったこともあるけれど、我が社のマンション建て替えで引っ越さなくてはいけないこと、メンバーがひとり寿退社すること。
まあ、どれも先かと思っていたら、目の前に迫ってきたようだ。
25年以上働いている会社なので、私物も山のようにストックしていて、スタッフに嫌みを言われている(最近、スタッフも遠慮がない)。
捨てるしかないかなあ、本の山。家に持って帰っても置き場がないし。
読んでいないのも多いかなと思い、それは捨てるのどうかしら・・・。悩む。
メンバーが減るのも悩ましい。そうでなくてもいっぱいいっぱいで、働きマンじゃないけど、仕事量が増えると、また残業の山だ。
でも、私、そうはいっても仕事が好きかも。病気かも・・・。
なるほど・・・。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-11 00:16 | あれこれ

焼き肉

そうそう、父の喜寿のお祝いを2日続けてお夕飯の時にしたのだ。
土曜日の夜は、ホットプレートを買ってきて、お家で焼き肉。
以前は近所の肉屋さんの兄弟の下の人が、焼き肉屋さんをやっていた。ひとりでやっていたのでとっても段取りが悪くって来るのが遅かったり、配膳は自分たちでしたり(笑)、でも、めちゃくちゃ肉がおいしかったのだ。
その焼き肉屋さん、住宅地の真ん中だったのでさすがに人の入りが悪く、やめてしまった。
それもあり、焼き肉をこのところ食べていなかった。
そこで、今回は焼き肉にしようと息子が提案した。ホットプレートを近所のヤマダ電機で買って、もちろん、お肉はそのお肉屋さんへ。
和牛カルビ! いやーーーー、ごつうま! こんなにおいしいカルビは焼き肉屋でも食べたことがなかった。ほとんど霜降り状態のカルビは、甘くて肉のお味が最高! しかも100グラム500円。
味付きホルモンもおいしかったし、オーストラリア産のハラミもまあまあ。
でも、和牛カルビ! これはほとんどニュースだ。これで、また、実家に帰る楽しみが増えたのだ。父も大喜びでした。
2日目は私が尾瀬帰りで、お寿司にしてもらう。出前はなじみの寿司良。ここの旦那がうまい寿司を握るんです。ホント。東京では私は近所で寿司を頼むけど、全然実家の寿司良のほうがうまい。仕入れも築地だしね。
そして、2日目はケーキでお祝い。ケーキがなくてはいけません!
よく食べる家族です。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-10 00:24 | 出来事

キンモクセイ

a0064290_063055.jpg今年もその季節です。
実家から戻って雨模様の中でもあの香りが。
あっという間に咲き、香りが街にただようのが、この花の特徴ですね。
あー、秋だなと思うのです。
[PR]
by shes_inn | 2007-10-09 23:58 | あれこれ