好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0064290_2328437.jpg買いました。最後の巻。いよいよ、これで最終ですわ。
で、今朝! なあんと、山手線のホームで、「ダークタワー7」上巻を読んでいる人発見!
いるんだー。で、この人、大人だなあ。
3巻目が発売されてから、読み始めたってわけでしょ? たぶん。
大人だわ。
私は、それでも、中巻を避けつつ、避けつつ読むのを避けつつ過ごしたので、ちょうどでした。
あまりに辛かった中巻。帯に「号泣必至」と書かれていて、いやだったんだよね。
だって、あまりに辛いから。
さあ、最後の巻、頭の中は訳のわからないものを理解しよう理解しようと回転するけど、映像化はついてきません。
年越すのでしょうか?
[PR]
by shes_inn | 2006-12-25 23:28 |

ハウステンボスなど

かれこれ1週間経ってしまったけど、写真を少し。a0064290_047993.jpg
こんな感じだと、いったいどこの国?って思いますよね。不思議というか変な空間。建物も普通の大きさだし、中身の展覧会もしっかり本物だし、マニアな気分は満載。

a0064290_050199.jpg街の中心にある塔には登らないといけません。ここから観ると街の作りが把握できる。塔から観たホテルヨーロッパ。大きなホテルよ。
a0064290_0503610.jpgホテルのパティオは、
運河とつながっていて、午後に到着するとクルーザーでチェックインできて、これはできれば体験したかったなあ。その中庭の夜のイルミネーションもきれいでしたよ。
a0064290_059224.jpgパレスは一番奥にあるオランダの王妃がお住まいのお城をそのまんま再現したんですって。庭園が素敵で、その庭園のテーマは人体。噴水は心臓、両脇の造園は細胞をイメージしたんですって。緑の樫の木の一種でできた回廊は、夏は涼しいんです。このパレスを中心にガイドさんに解説してもらったの。ガイドさんについてもらうとそういううんちくがわかるから、なかなかよかったです!a0064290_125931.jpg

で、こそっと書くけど、暗黒の塔中巻読了。下巻ももう本屋に並んでいるはず。いよいよ最終局面だ。う〜〜ん、微妙。もう、中巻は悲しくってねえ。しかももう、中身がぐるんぐるん。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-25 01:05 | あれこれ
号泣必至といわれちゃあねえ。
もう、恐る恐る、ゆっくり読んでます。
でも、たぶん、号泣必至な部分、今日行っちゃいました。電車の中で。
ちびっと読んでは、上を見て、の繰り返し。
あー、とうとう。カ・シューム・・・。

号泣はしませんよ、するもんですか。私のなかのあの人が。走馬燈のようにいろいろなエピソードが頭の中をぐるぐる回ります。

この先、いったい・・・。

最後の巻もあと少しで刊行される。

もう、少しで最後まで読める。
出来はともかく、終わりが読めれば、幸せ者だ。
あと少しで。生きてる間にどうも、読めそうだ。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-19 23:15 |

ハウステンボス2

楽しかったハウステンボス。
しかし、帰ってから仕事はいやー、きついきつい。年末進行なのです。
実は我が社の社長は出版もしているんだけど、それが馬の出版。競馬ね。
で、JRAに奉仕もしている。つまり競馬好き。馬券でどんだけはき出しているのかなあ?
私は全くギャンブルに興味がなく、場外馬券売場を甘く見ていたらしい。
ハウステンボスにも隣接しているのね、それが。
a0064290_2293294.jpgこの手前の馬場の先、大きな豪奢なオペラハウスのような建物がそれ!
でね、中はどうなっているのか知りたい。聞いてみたら、馬券を買う自動販売機がたーくさん並んでいるらしい。渋谷も新宿も新橋もそうなんだって!
私そう聞いても想像できないの。
競馬ってすごいねえ。馬が走ってもいないのに、馬券を買うところがそおんなに、大きい必要ってのがわからない。
で、ハウステンボスからはなれてしもうた。
その話はまたあとで。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-19 22:14 |

ハウステンボス

帰ってきました!
初めて行ったハウステンボス。JRの駅に着いたのが夜の8時。ほぼだーれもいない感じで、橋を渡るんですね、入国口まで。暗いなか、あちらから何人かは来るんだけど、行くのはひとりでとぼとぼガラガラと。おー、着いたか?と思ったらそこは手前の全日空ホテル。でも、雰囲気はハウステンボス風。そこを過ぎて、ホテル受付へ。係の人がバスに乗せてくれ、フロントで引き替えるカードをもらい、いざ車で入国。
中に進んでゆく。なんか、ほら、暗いから、最初のほうは。それもあって、なんだかイマイチこう、ピンとこないの。変なとこ来たって。ホテルにつくすぐ前に、ユッコと遭遇! さっそくチェックインして、部屋に荷物を運んで、即外へ。ここで失敗。会社から借りたカメラを持ち忘れた。ははは。a0064290_0325930.jpg
a0064290_0315732.jpgすぐにドムトールンという塔へ登って夜景を見る。カメラないから携帯で。もっときらめいているのよ、イルミネーション。
ここは、さらっと観て、花火を観に行く。花火ショーって感じで、レーザーショー&花火で。音楽も同期していて、音もわりとちゃんと音楽に合っている。5分ちょっとと短い時間だけれど、きれいよ。若干小振りですけどね。
それが終わったら、ホテルに戻ってウォーターコンサートをと思ったら、もう満席。残念! ロビーから眺めつつしばらく聴かせてもらう。美しい女性の弦楽四重奏。クリスマスにちなんだ選曲で、外のイルミネーションもきれいで、ホテルも明るくゆったりとした風情だから、いい感じ。宿泊客は600円弱のチャージなので、とてもオススメ。要予約がポイントね。
私は部屋にカメラを取りに戻って、ホテルデンハーグにあるワインバーへ行くことにする。
2800円で10種類のグラスワインが飲み放題。
1時間半というお時間があるのだけれど、バーテンダーひとりでまかなっているから、お代わりもそれなり時間を置くので、いい感じのペースで飲める。10時前くらいに入って結局12時半まで飲んでました。シャンパンから始め、ふたりで9種類を頼んで飲んで(ロゼだけはパス)、おつまみのチーズの盛り合わせもとってもおいしくいただき、大満足! 私は、7.ドメーヌ サルダ マレ 1999(ラングドック)※ ブラックベリーやカシスといった果実の香りが支配的。酸味とタンニンのバランスも絶妙。というのが気に入ってお代わりしました。
あとは、帰ってお風呂につかって爆睡。続きは、また。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-18 00:42 |

ノロ恐るべし

夫が風邪を引いた。土日とほとんどものを食べられず、上へ下への特急便で私たち母子は「ノロ?」とおののいた。
ま、月曜に医者に行ったら「お腹が下る風邪」との診断で、胃腸薬のみもらって帰ってくる。
ほっとしたけど、すごく流行っている「ノロウィルス」。
メトロポリタンホテルでは、2フロアで大感染だったとか。
それより、新型インフルエンザが流行すると大変なことになるらしい。
食料の備蓄10日分は必要だという。少し考えとかなけりゃいけないかなあ?
まあ、米とミソと醤油とつゆと缶詰なんかはそろっているが、あとポカリの粉末と麦茶。
でも、水はどうなのかしら?
水道は大丈夫だよねえ?
ティッシュも洗濯石鹸もあるかなあ。
しかし、風邪で死ぬ人が万単位とは、恐ろしい限り。
手洗いは習慣になっているからいいけど、何より健康で元気な日々を送るのがねえ、大事。
仕事は適度に、できればいいのに。

明日から出張です。
金曜日にハウステンボスだあ! ワクワク。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-13 22:50 | あれこれ
実は、私は寅さんの映画は映画館で観たことがない。
テレビで、渥美清のドラマは観たことがある。「泣いてたまるか」だ。フジで「男はつらいよ」をやっていたらしいが、それは記憶がない。小学校6年までは、よる8時には寝ていたので、まあ無理だよね。
で、中学時代からたぶん、「男はつらいよ」が始まった。
その頃は生意気盛りで、「ロミオとジュリエット」などの洋画を観ていたので、寅さんには足が向かなかった。
そんなこんなで、テレビでも何回もやっているし、観てもいるけれど、しっかり観ようとしてみたことがなかった。
でね、11月25日にBSで観たのよ。「男はつらいよ 寅次郎のサラダ日記」そうしたら、面白くって。いちいちギャグに受けまくって、何だ、こんなに面白い映画だったのか!
先週は観られなかったのだけど、今日は観られた。
この回から4回は、ゴクミ・シリーズなんだそう。
今日のは寅さんのギャグは表に出なくて、寅さんと一緒に出かけていた人たちが爆笑しているのをうらやましく思った。
まあ、もっと観たくなったなんて、今頃・・・。寅さんの映画には、もう亡くなった役者がごろごろ出ているものなあ。でも、こだわりの映像や落ち葉の落ち方とか、山田洋次さんの映像もいろいろチェックすると深いこと。
今頃からだけど、今からが寅さんを楽しめる私にとっての旬なのかも。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-09 23:37 | 映画

Dr.コトー診療所

やっぱ、すごいわ。
今日のテーマはドメスティックバイオレンス。DV。
あのね、あんまり大きい声では言えないけど、我が家もそうだった。
私は父に二度しか本気で怒られたことがなかった。しかもぶたれた記憶はない。
だから、結婚して夫が暴力をふるうことが信じられなかった。あり得ないと思った。喧嘩をすると殴る。
見た目は優しそうな夫が、酔うと目つきが変わって殴る。これは、本当に怖かった。
それを夫のお母さんやお兄さんにも訴えたのに、だれも怒ってはくれなかった。
それはそれはショックだった。で、ある時、反撃に転じた。やられるだけだったらいやだった。
それは自分にとっても大きな決心だった。
戦った。やりあった。殴りかかった、夫に。
ある時、たぶん、息子の前で。
それはいいことではなかったけど。一度、大げんかをして、足蹴にした。
肋骨にひびが入ったような・・・。さんざん夫に嫌みを言われた。
叩いたことのない人は加減を知らない。反省。
以来、ほぼ夫の暴力はありません。
それはいいことなわけないけど、やられないとわからないこともある。
私も自己嫌悪。長くイヤな気分が続いた。

実際夫は見た目は絶対暴力ふるうようには見えない。
でも、夫の父親はそういう人だったらしい。暴力は連鎖する。本当だ。
息子が心配よ。だから、息子をじっくり教育している。じくじくと。女に手を挙げては絶対いけないと。

私、両親に記憶に残るようなたたかれた記憶はない。それは幸せなことだったのだと思う。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-07 23:14 | テレビ

忙しさにかまけ

そういえば、書いていなかったなあ、日記と思い出す。
風邪っぽくてというのもあり、すごく追われている日々で・・・。それでも、何とか明日明後日が勝負だ。今月はきついなあ。
知らないうちに12月に入っているし・・・。もう、どうにでもなれ!という感じだ。
今日は本当は、行かなければ行けないコンサートもあったのに、それどころではなく・・・。
まだまだ先が見えないのに、締め切りは過ぎようとしている・・。今月は本当に白いページが出そうな勢いだ。
いやー、師走ですなあ。
今月発売号が終われば、そのまま年末進行に突入。ハウステンボスどころの騒ぎじゃないのが真実。それまでに、寝ないで原稿書かないと間に合わないというか、首を絞めかねない。う〜〜む。
暗雲たれ込める今日この頃。
キングの例の本も、わざとかと思うくらいに今回のはゆっくり読んでいる。むしろ先に進むのが怖いのだ。ふ〜〜。
ともあれ、頑張れ自分。頼りの耳鼻科に行って、風邪は吹っ飛んでいるが(薬が非常に効くのだ)、その耳鼻科も今月22日でつぶれるらしい。風邪も引けやしない。あ〜あ。
[PR]
by shes_inn | 2006-12-05 00:31 | あれこれ