好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー

<   2005年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

斉藤さんが亡くなった

ショックだ。私が今の会社に勤め始めたのはだいたい24年前。当時は私も結婚してから半年ちょっとという若さ。当時あたりから大洋ファンで、野球好きだった。忘れもしない、ホッピーを飲ませる居酒屋で、会社の人と(ひとつ上の女性)飲みながら、観ていたテレビに大洋の紺のユニフォームが映った。もともと、叔父が魚屋で、大洋漁業つながりだったと思いだし、父の強烈な巨人ファンへの反発もあり、大洋へと興味が動いた。
で、会社は2階、その下にゴルフショップがあって、斉藤さんは店長だった。トイストーリーに出てくるポテトヘッドのような色の黒いがっちりとしたスポーツマンで、私が大学時代にダウンを着たちょっと小太りの徒歩旅の先輩のような、抱きついて気持ちいいような包容力を感じたおじさんだった。巨人ファンでもともとは野球をやっていたんじゃないだろうか。巨人の青田とかが知り合いだと言っていた。私は万年最下位候補の弱小球団のファンだったから、よくからかわれた。奥さんはこのマンションの元々のオーナーで瓦屋さん。とても気さくな奥さんで、私が息子を出産してしばらく搾乳しながら働いていたときに、冷凍庫を貸してくれたいい人。
そんな斉藤さんが不景気もあったのだろうゴルフショップをたたんで、奥さんの瓦屋さんを手伝うようになって、滅多に合うこともなくなった。それでも時々合うと軽口をたたき合っていた。
たぶん、最後に話をしたときは巨人が調子悪かったとき。
随分会っていなかった。2〜3カ月くらい前に、家の社長から聞いたのは、斉藤さんが意識がなくなって病院で重体だと。ショックだった。全然知らなかった。
奥さんはいつ会ってもにこやかで、元気で。
一月半前、家の会社が空き巣に遭った。そんなとき、奥さんは近所で人気のケーキ屋さんでシュークリームを買って、見舞いに来てくれた。おいしかった。
今日、斉藤さんが死んだと聞いた。ショックだ。
いい人だった。そして、きっと、悲しさを自分でよく知っているからあんな優しいことをしてくれた奥さんは、どんなに悲しいか。まだ60になるかならないかだった。うちの子よりちょっと大きなお姉ちゃんとお兄ちゃんが、そりゃあ、20歳超えているから大人だけど、まだまだ若いのに。どんなに悲しいか。斉藤さんは生きたかったに違いない。腎臓を患い、透析の生活だったと聞く。それでも、身体にいいと聞けばそれをしっかり守った人だったという。生きたかったんだろう。なのに、それが災いする。もっといい加減なほうが生きられたのかもしれない。
本当に悲しい。とっても悲しい。肉親でもないのに、本当に切ない。
巨人ファンだけどいい人だった。
青田さんと天国で野球のぐちをきいてゆったりとしてほしい。
天国はきっとあって、そこで身体の心配もせずに、おおらかに笑っていてほしい。
笑う姿が似合う、ポテトヘッド斉藤さん。安らかにお休みください。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-29 01:53 | 出来事

ホテル・ハイビスカス

a0064290_104263.jpg美恵子でしょ、これは。僕の大好きなクラリネットや森のクマさんなどの替え歌も抜群! こんなホテル、家族と一緒に暮らしてみたい。
思いっきりドクタースランプのアラレちゃんのような美恵子がフィーチュアされたいくつかのエピソードのひとつひとつが、どれもいい。
この映画は、もう何度観ても面白いので、TSUTAYAの半額のときなどは借りて来たくなるのだ。というか、いつかは買おうと思っているのだ。買ってもそうは観ないんだろうけどさ。大好き! ご先祖様を思ったり、大事な人を思いやったりと、当たり前だけど自然にできない不器用な人間が増えているけど、もっとおおらかに素直になれればこんなに楽しいのにね。
特典もラブリーでいい。
ところで、この映画を楽しむには、字幕があったほうがいいかも。今回も最初は字幕なしだったんだけど、やっぱ字幕付きで観た。沖縄弁は好きだけど、ときどきわからなくってね。
最近方言がブームで、楽しい。息子も好きだと言っている。東京の子は逆に方言にあこがれたりしているらしい。そうね、そのほうがいいよ。この頃のこういう傾向は好きだよ。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-28 01:06 | 映画
a0064290_0133030.jpgジャッキー!! なんてすごい映画でしょう。いや、これ公開時にすごい観たかったんだけど、観られなくって、本日DVD。すごい、すごすぎる。ここまでストイックなジャッキーはなかったんじゃない? そのストーリー、そのアクション、評判に違わない中身でした。
それにしても、これでもか、これでもかと自分をいじめ続けるジャッキー。Mもそこまでか?というくらい今回は激しい。こんなむなしい若者が、実際、日本でも増えているのだとは思います。甘えです。甘やかしです。親の慢心です。ものに恵まれても人間は何より心、なのです。その辺がジャッキーはいいたくて仕方がないんですね。それはわかるけど、残酷なくらいに自虐的。それだけ真剣なのですね。
いきなり湧いて出てくるイケメンが、青島みたいなコート着てたりして笑えたりと中身がものすごくシリアスなところをジャッキーの映画らしく、ところどころリラックスさせてくれるのも魅力です。それにしても、あそこまでジャッキーのドアップで始める映画もないですよねえ。
ちなみに、家の息子は映画館でこの映画を観ていて、おしっこ行きたくなって我慢できずに、最後の屋根の上の落ちるぞ!ってシーンで出てしまった情けない男です。今日ようやく最後まで観られたという・・・。あ〜あ。
最後のNGシーンを観るとよけいにジャッキー映画の素晴らしさがかいま見られます。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-27 00:18 | 映画

コンクール

いやー、あんな爆音で聴き続けると具合が悪くなるんです。
どうして、あんなに大きな音で・・・。あれでは、普通のクラシックファンなら1曲聴くか聴かないかでアウトでしょう。
みんな本当に頑張って練習に練習を重ねてこの日を迎えたに違いなく、その努力はどう聴いてもわかるだけに、最後の数人は本当にこちらも死にそうでした。
耳を覆ったことすらあります。私はロック姉ちゃんだからロックで大音響で爆音でそれは大丈夫、耳がキンキンするくらいはへっちゃらです。でも、今日は・・・。
本当に叫び出したくなるくらい具合が悪くなる大音響でした。
あれでは音楽を楽しめないよ。
どうにか改善を願います。
でも、今日の第1位〜第3位は妥当だと思います。
残念だったのは、ひとりいるけど。私は彼女の演奏好きでした。素敵なメロディーで、どんなにか心がいいのかわかりました。頑張って音楽を続けてもっともっといい曲書いてね。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-27 00:06 | ライヴ

ちょっと違うかも

ライヴっていう感じでもありませんが。
コンクール今日は即興演奏。しかし、いつも思うんですが、なんて乱暴な演奏が多いのでしょうか。バーンとかインパクトを付けたいのか、非常に乱暴な演奏が多い。鍵盤を叩きつけるようなのは、はっきり言って不愉快になります。
もっと音を大切に演奏できないものなのでしょうか。
エネルギッシュな演奏と乱暴な演奏は違うでしょう。
そんな感じです。ああいう乱暴な演奏は疲れてしまいます。
明日は朝から夜まで・・・。なんとか心満たされる豊かな演奏が聴きたいものです。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-26 00:19 | ライヴ

さてさて

なかなか仕事がタフだ。今日は今日とて10ページ分の原稿整理に、4ページ分のラフ割。先月の経費の集計の確認に、原稿のチェックたくさん。明日明後日は年に一度のコンクールだし。さあ、頑張りましょう。あと10日が正念場だ。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-25 01:11 | あれこれ

ターミナル

a0064290_144354.jpgスティーブン・スピルバーグの作品は、たくさん観ている。「激突」の着眼点、「ジョーズ」は観ながら突然画面に飛び込むジョーズに思わず叫んだたぶん19の頃(笑)。「未知との遭遇」は、音楽がよかった。「1941」はいまいちよく覚えてないけど、その当時からなんだかよくわかんなかった。「レイダース」は大好きなジェットコースター・ムービー。「E.T.」は歌舞伎町に甥を連れて見に行って、山手線で座り込む甥を一喝。自分の子はこんなださいヤツには絶対育てないと誓った(これは任務遂行)。映画ができてからのノベライズを読んだな。母親とE.T.の恋物語になっていた。母子家庭のアメリカでのリアルを観た気がした。とまあ、ほとんど観てる。でも、映画館へはなかなか行かなくなっていて、つまり期待感が薄れているのだ。この作品も映画館へ行く気があんまりしなかった。でも、「宇宙戦争」は久々に映画館へ観に行った。気持ち悪かった。かといってあれをテレビ画面で見たんじゃ、どうにも。その話は機会があったら。
トム・ハンクスもそんな傾向がある。「スプラッシュ」は好きだったな。「ビッグ」「パンチライン」あたりは大好き。「フィラデルフィア」あたりからどうもコメディの人ではなくなって寂しい気がしてくる。コメディの人でいてほしかったのね。
で、この作品、けっこう笑って泣ける作品で好きなタイプ。トムのこけぶりとか、かつてのコメディ時代を思い出させてくれる。昔から金使うのが大好きだったスピルバーグの浪費振りはどうもだけど、あまっちょろいペーソスも観ていて安心。
ただ、思う。やはり大物になるということは、重荷を背負うことなのね。それに、スピルバーグじゃない人がこの映画を撮ったとしたらもっとおもしろがれた気がする。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-24 00:59 | 映画

あらら、もうこんな時間

まだ、お風呂にも入っていないのに、この時間。
終電1本前に乗って。
忙しいねえ、私は。今朝だって5時過ぎに起きて原稿書いたりして健気な私だよ。
明日も勤労感謝の日だけど、原稿書かなきゃ間に合わないかも。
さっそく宇都宮の原稿書きにいそしむ予定。でも、香港ポリスストーリーも(ジャッキー)見る予定。こんなことしてないで早く風呂入って寝ましょ。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-23 02:10 | あれこれ

宇都宮

大学取材。朝10時過ぎに東京駅に着く。宇都宮に降りるのは初めて。あっという間ですね。
紅葉はまだちょびっと早い。
学校に行って、まあいろいろ話を聞いたり写真を撮ったりするわけだけれど、理事長、学長先生方が大の音楽好きなのが楽しかった。何より面白かったのは、お家でエレクトーンを弾かれるというお二人に楽器に座ってもらったところ、理事長さんたら「同期の桜」を足鍵盤も使って弾き始めたら止まらない。エクスプレッションペダルを使わないで、右足がお留守なのがまたおかしい。本気でずーーっと弾いていらした。結構お上手。日常的に演奏されていないとああはなかなか弾けない。息子の学長さんはちょっと遠慮気味にそれでも「木星 ジュピター」を演奏していらした。なんだか和みました。
で、帰りのタクシー、呼んでから来るのも時間がかかったし、結構道も混んでいて、新幹線に乗り遅れたらと思ったけど、ギリギリセーフ。運ちゃんお勧めの「みんみん」で餃子を買って帰りました。お家に帰ってさっそく息子と5人前をぺろり。でもね、正直言って、餃子は私の勝ちね。圧勝だね、本当だよ。
そんな餃子の作り方はまた今度。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-21 01:58 | あれこれ
a0064290_23403471.jpg「アメリ」の監督主演コンビ。
サスペンス色もあり、戦争の現実も描き、幼い頃から思い続けた恋愛の清らかさも描きとなかなか欲張りな映画でした。
映像も凝っていて、思ったのは、本当にヨーロッパと日本は違うなあ、景色がと。
同じような素材で、戦争でなくなったと伝えられる恋人を探すにしても、まったく景色が異なることになるだろう。感情や物語は同じ物を見ていられるのに、景色の違いは決定的で、人間って面白い。全く違う景色のところで全く違う言葉を使って、違う食事をして育っていても、わかりあえる。逆に、同じ人間なのに、造る家は違い、農業もやり方が違う。なのに、戦争はやるし、裏切るヤツはいるし、それをもみ消そうとする。
欲張りな映画を前向きにそして温かく、(出てくる周りの人たちが温かい)
最後の再会のシーンもよかった。小さい頃最初に彼が彼女に声をかけた、その言葉と同じ言葉をかける。記憶は失っているとしても同じように彼女を愛し続けるのだろう。
[PR]
by shes_inn | 2005-11-20 23:30 | 映画