好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:出来事( 232 )

昨晩の女子会の参加は6名。
それにしても、よく開催できたな。ふ〜〜。
父親が倒れるという大アクシデントを乗り越え、
よくできたものだ。(というか、よくやるなあ、自分)
父親は、元気に復活したのが、何よりめでたい。

女子会では、すごくよくしゃべった。
[PR]
by shes_inn | 2011-08-19 15:01 | 出来事

横尾忠則 すごいわ

とまあ、ツイッターの使い方がわからないんだけど、
誰かのフォローをチェックできることだけはわかった。
で、マーカナ姉さんのフォローに横尾忠則さんを発見。開いた途端に、(すみません、流用していいのかしら?)

美術鑑賞には言葉は邪魔になります。言葉が美術を理解させていますが、一方で感性を剥奪させてもいます。美術は理解するものではなく洋服の前を開くようにして感受するものです。

いやー、参りました。
[PR]
by shes_inn | 2010-06-22 22:09 | 出来事

親戚一同そろって応援

昨日は、義父の23回忌。
義母が中心になって、夫の兄弟の家族が大集合。
夫と消防士の甥っ子、旭川にいる甥っ子を除き、集合。
名の子が新顔で加わって、息子にすれば、「初めて最年少から解放された」。一歳六カ月の女の子はね、そりゃあ最年少だわ。

総勢、11人。
午後、ただ今本堂大改築中のため、プレハブで。今度の本道は、鉄骨が組んである。
プレハブは冷暖房完備で、暑かったから助かった。ただ、新築なる本堂は、天井が高いので、エアコンは入れない方針だとか。
無事、法要が終わり、お墓にと思ったら、なんと、お線香をお義母さんが忘れた。というのも、午前中にわざわざ墓掃除に行ったかららしい。車で30分以上かかるところに午後行くのがわかっていてなぜ?とは思っていたのだが、義母も歳を取って、若干意味不明な行動が増えたのかも。

家に戻って、着替えてラフな格好で、市内の日本料理屋さんへ。おいしくいただきました。
私はビールを飲んで、にっこり。甥っ子に「ほんとうにうれしそう」と。
もう、遠慮はしないキャラで通っているから楽だ。言いたいことを言うのも許されるキャラ作りも成功しているので、楽。たぶん、嫁3人のなかで一番楽な役回り。
今回は、首を痛めて、いかにも辛そうなお母さんに、石川さん直伝のストレッチを伝授。
なんとか、よくなってもらいたい。

食事が終わって、あとは、サッカー!

行き詰まる前半は、みんなお腹も一杯で、お酒も飲まず、集中。

いやー、手に汗握って応援しましたさ。
[PR]
by shes_inn | 2010-06-20 22:29 | 出来事

起きててよかった

日本が勝った!

岡田監督、よかった。

決勝進出も芽が出てきたんじゃないの?
[PR]
by shes_inn | 2010-06-15 01:02 | 出来事

オカルト眼球

とまあ、私はけっこう自慢できる感じの健康者だけれど、案外弱いのが、眼とのど。
で、何回目かの眼球出血。
っていっても、眼球の白目のところの毛細血管が何らかの弾みで切れて、出血。
つまり、白目に鮮血が赤く出現するのだ。
目医者さん曰く、「充血と出血は違うものですから」ということで、眼の表面も眼底も特別悪いところはなく、従って、初診料と診察代1250円をただとられて、目薬も処方してくれなくて、ほっとけば治ります、なのだ。むなしい。

けっこう、今回は大出血で、右目の黒目以外がオール鮮血。
ほほほ。めっちゃオカルト。

ビビるのよねえ、若い女子は。
うちの会社の女子は、もう二人とも30半ばだし、私の出血歴をご存知だから、なんでもないけれど、知らない女の子は、「痛くないんですか?」とビビる。まったく痛くも痒くもなく、ちょっとゴロゴロするだけ。

私だって、もう1週間毎日見てるから平気だけど、それでも、つくづくオカルトだと思うもの。

写真でも撮っておこうかと思うけど、それも嫌なくらい、真っ赤な眼の私です。
あ〜あ。これでコンサート行ったり、美容院行ったり、打ち合わせ、会議に出たりと、通常業務をこなすのであります。
辛いよ。
[PR]
by shes_inn | 2010-06-14 21:46 | 出来事

いきなり広告って・・・

なんか、急に広告が入っている。


自分で設定していないのに。なぜ?

とることできないのかしら?

どなたか教えて?
[PR]
by shes_inn | 2010-06-08 08:43 | 出来事

金曜の夜は江古田で

お仕事で付き合いのある、ヤスやんとヤマピーさんと仕事終わりに、江古田に出没。
なんで?ってのは、ヤスやんが学生の頃住んでいた、ヤマピーさんは武蔵大学、私が日芸なのである。

仕事が案外近くだったので、タクシー割り勘で500円で到着。江原町3丁目あたりでヤスやんの住んでたあたりをまずは探索。
「ここだった確か」というところは新しくマンションになっていた。
私は北口のほうがメインだったので、この辺は知らない。セブンイレブンに盛り上がるヤスやん。
三菱銀行あたりからは私もよく知る江古田銀座付近。江古田コンパとかヤマピーさんと、盛り上がる。
江古田文化はなくなっていた。
この先の卓球場で遊んだと訴える私に、ふたりは?
駅方向に向かい、マックを確認。なんだか、駅のあたりは工事の壁ができている。
おしどり、鳥忠、養老の滝のおなじみの飲み屋に反応するのは、主に飲み屋で親しみのあった大学地元組。住んでいたヤスやんは主に食事どころに想い出がある。

踏切をわたって市場のあたり。あんまり変わっていない気がする。ちなみに、全員30年前くらいの記憶だけど。

神社に突き当たって武蔵野音大通りを右折、私は、ここら辺に行くと、こまつ食堂しか知らなかったので、あそこで飲むの?といぶかっていたが、その隣の隣あたりに和田屋があった。
昔ながらの飲み屋さん。飲み物がほぼ336円。
焼きトン、ポテトサラダ、肉豆腐、ホッケなどなどでホッピースタートで、焼酎、ハイボールへ。
途中でお店のお姉さんと昔話。以前は踏切の向こう側だったとか。だから知らなかったんだな。

そのあと、トイレに行くと、座敷では武蔵大学の学生さんのゼミコンパ。かわいい女子と少しトイレ待ち中お話をした。
ヤマピーさんに、武蔵の学生さんたちで、後輩ですよーっていうと、挨拶行かなきゃということになり、合流。よくわかんないけど、面白いよねえ。

そんで、ヤスやんは先に帰るときに、ハーモニカで少し。もうちろん、盛り上がりました。

で、もう少し席に戻って飲んで帰る。午前さまでした〜。


翌日、カメラを紛失したことに気づく私。お店に電話したけどないという。は〜〜〜。

ゼミの皆さんの荷物にまぎれたのかなあ。ショック。

でも、もしかしたら、別のどこかで落としたのかもしれないし、
(江古田を歩きながら少し写真を撮ったのは覚えてるんだけど)

すんごいドジな私。根津神社の写真もまだ、PCに落としておらず。

どうしよ。少しばかり取材の写真も入っている。あー、困った。
でも、自業自得。
あきらめも肝心。

私はどうして、こうもお粗末なんだろう。
[PR]
by shes_inn | 2010-05-16 23:08 | 出来事

叔母が急逝

母の兄嫁、つまり叔母が、亡くなった。
リュウマチを病んでいて、ここのところ介護生活だったのだけど、明るく世話好きで、おしゃべりが楽しいおばさんだった。
子どもが3人つまり、いとこが、男子ふたり、女子ひとり。
その女子のいとこは、私よりだいぶ年下だけど、しっかりしていて、独りで家族を支えていた。
おじさんは脳梗塞から認知症で、臥せって介護生活だった。リュウマチでやりたくても介護ができないおばさんに代わり、ほんとうに頑張っていたと思う。
おじさんが亡くなって、おばさんが歩けなくなり、今度はおばさんの介護も本格化した。
彼女は近所に一人暮らししているが、長男は同居が精一杯で、面倒を主体的に見ていたのは彼女だ。
一人暮らしは彼女なりの自己防衛だと思う。

その日の昼頃までは、まさか亡くなるとは思っていなかったはずだ。
朝から尿が出ず、お腹がふくらんでしまったので、かかりつけのお医者さまに行って、そこで、心不全となったそうだ。あまりに急で、別のいとこからの夕方の電話で、私も驚いた。
夜、彼女にお悔やみの簡単なメールを送った。

返信が来た。
********

励ましのお言葉ありがとうございます。

何がなんだかわからなく只呆然としております。
確かにここ、二、三日はいつもと様子が違い、元気がないと思っていたのですが。
それにしてもこんなに急に逝くなんて。後悔で胸が張り裂けそうです。

なぜこうなってしまったのか思い出そうと思ってもわからないのです。

母がただ寝てるように思えてなりません。

親孝行も出来ず、どうせ介護をするのだったらもっと優しくしてあげればと。
すみません。愚痴ばかりですね。聞き流して下さい。明日からはしっかりします。
叔父さん、叔母さんもお大事になさって下さい。
ありがとうございました。


***********

十分、精一杯やっていたと、もちろんよくは知らないので、勝手にそういうのはいけないかもしれないけど、彼女を見ていれば断言できる。

帰りの電車から見る風景は、新緑が生き生きと輝いていた。
いい季節だなあ、と思う。優しくて柔らかいみどりは、心を癒してくれる。
こんないい季節に、逝ったおばさんだから、きっと今頃ほっとしているのかもしれない。

週末土曜日は告別式だ。彼女はきっと、しっかりと仕切るのだろう。
励ましてあげなくちゃ。
[PR]
by shes_inn | 2010-05-05 15:44 | 出来事

打ち上げ

夕べの月曜は、本の打ち上げで、飲んだくれました〜。

みんな酒も強いが話も濃い。
何やら人生ってやつはという感じのトークで盛り上がり(盛り上がるというのはなんか変だな)、さすが50代の幅広いぶっちゃけトーク炸裂。すごく不思議だけど面白い酒の席でした。
楽しかったわあ。みんな率直を絵に描いたような、それでもまったくキャラが違う4人で(一人はわりと年下で、ちょっと置いてかれたふうではありましたが)。
ワインをがっつり飲んで(またまた、私はもっぱら注がれる役でした)、けっこう今朝は酒臭い感じでしたが、目が覚めたので30分弱ゆっくり走りました。気持ちいいわあ。首はそこそこ痛いけど、そこそこ治ってきたので、走って治す!

それぞれが仕事で頑張っているから、私も頑張ろうと思ったのでした。
[PR]
by shes_inn | 2010-04-21 00:03 | 出来事

おたべちゃん 東京

京都からおたべちゃんが東京に。
女4人で飲み会。みんなよく飲む人たちで、うれしかった。
いいペースで1次会は生ビール5杯くらい。2次会はそれぞれが別のものを頼んだが、私はジントニック2杯。いい感じで話は盛り上がり、気持ち良く飲めました。

なんか、とっても充実した一日だったのです。
[PR]
by shes_inn | 2010-04-11 10:26 | 出来事