好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブチ切れポイント

うちの社長は、めっちゃくちゃ正義感が強い、というか、よくあらゆる不条理にブチギレル。電話でたいがいどなりまくる。それは、けっして自分の無理難題でどやしつけるのではなく、不条理なこと、おかしなことには徹底して抗議し、ブチギレル。
今日は、ただいま解体工事中の前の建築現場にブチギレタ。
だいたい本当に気の弱い人は体の具合が完全に悪くなるような、ものすごい騒音である。
コンクリートの建造物を壊しているとき、珍しいものを見られてちょっと面白い雰囲気はあったが、それがこうも毎日毎日、ものすごい騒音と揺れの中で電話をしていても工事現場でしているようなものだ。
巨大な鍵ばさみの重機が3台、崩したコンクリートをつぶして、鉄骨をグワングワンと選り分けている。社長がブチギレタのはここだ。
つまり、壊したコンクリートと鉄骨の固まりを運んでいくのではなく、この現場でつぶして粉にして、鉄骨を選り分ける作業をしているわけだ。この騒音が半端じゃない。
で、現場監督に文句を言った。この都会の町中の日中、昼と3時をのぞいて夕方までのべつまくなし騒音をまき散らし、粉砕までやっているのはどういうわけだと。
そうしたら、現場監督が、そんなことを言ってこられたのは初めてだ、それなら、3台ある重機の2台は粉砕には使わず、1台でするようにする。そうすれば騒音は少し違う。しかし、この工事は区に許可を取ってやっているのだ。くらいなことを言ったらしい。
社長は、区に電話をして、ブチギレタ。
確かに、そうとうどこでも大手を振って工事はまかり通っている。
それはいかにも、ひどいではないか。こういう工事について、監督はしているのか、騒音に対する周りの住民への配慮は規制としてないのか・・・。
まあ、区の役人の回答や態度が悪かったんだろうなあ、切れまくった。

私は、昨日ブチギレタ。
一緒にいた会社の子にまあまあという、シグナルを出されたくらい。
コピーの調子が最近悪い。紙に皺がよる。昨日は、封筒の印刷で、久しぶりにしたので設定に苦労し、やっと印刷できたが、封筒はしわだらけ。かっこわるい。
で、メンテを呼んだ。この担当者はメーカーの人ではなく、リースや管理をしている会社の人。で、やつが言った。あー、この機種になって、封筒を用紙設定から外しているんですよ。(だから仕方がない)この前の機種で、紙づまりが頻発してから、封筒は得意じゃないのではずしてしまったんですよ。(だから、しわが寄ったりするのも私のせいじゃない)
だからどうだって言うんだ! じゃあ、何かい、ユーザーは封筒の印刷をあきらめろというのかい! ブチギレタ。
そういうのは一番嫌いだ。リコー! なんという会社だ。てめえら、誇りはないのか!
だからといって、メンテが平気な顔するんじゃない!
実際、ユーザーはしわしわの封筒を前に困っているじゃないか。
ブチギレタので、担当者も相当ビビった。対処方法を考え、こうするばとか、なるべく大丈夫なようにとか言って、平身低頭で帰っていった。
もう、長いおつきあいの中で、コピーのあんまり調子の良くないのが来たこともあったし、でも、そう言うこともあると思うから、いままで私はおだやかに対応していて、気安さもあったのかもしれない。彼としても。でも、さすがに今回のブチ切れで驚かせてしまったらしい。
地雷踏んだのよ。御愁傷様でした。
[PR]
by shes_inn | 2008-05-15 23:59 | 出来事