好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

音楽家は、いい演奏をすると、いい演奏を聴くと、いい顔をするのだ

今年は、初めて浜離宮朝日ホールで。EMIES Concert。

イヤー、今日は楽しかった! 収穫いっぱいでした。
松内愛さんが東京デビュー! ファンシーな林光作曲の曲を。
もう、レギュラーとなっている岩崎さんも有馬さんの嵐な楽曲を熱演。岩崎さんは得難い存在。ほわーんとしているんだけど、ちゃんとしている。そこが魅力。
続いて、松本淳一の平部やよい作曲の書き下ろし「メビウスサークル」を。
これが、大熱演で、やっぱ、松本さんは演奏家として天賦の才をギフトされている人だと。現代曲はともすると遠くに行ってしまいがちだが、そうならない力強く明るい楽曲と、演奏でもってしっかりとダイナミックに自分のものにし、ガンガン近づいてくる迫力。
佐山雅弘作曲の委嘱曲を弾いたのは斎藤彰希さん。佐山さんはエレクトーンの自動リズムに否定的な部分がある。それは、当然といえば当然。そこで、リズムを使わずメロディックな部分やジャジーな部分ブルースな色合いを紡ぎながら独特の世界を作り出してゆく。そして、最後になって、鍵盤のパーカッションでリズムを打ち出し、満を持して自動リズムが流れるという・・・。そんな楽曲を難なく弾くのが、弾けちゃうアヤキくん。若いし才能あるし、明るい彼のキャラクターに未来が感じられるのだ。
でも、そんな佐山さんが、最後に演奏した倉沢大樹さんの演奏をして、「リズムに弾かされていないああいうリズムならありだな」と。それは、打ち上げでしてくださったお話。

で、そこで1部終了。
2部は、鳥居達子さんとマリンバのSINSKEさんのコラボレーション。SINSKEさんのさわやかな曲を弾き終わるとマイクを持ってトーク。こんな感じのトークはEMIESでは初めてじゃないだろうか。マイルス・デイヴィスのクールな曲ともう1曲は即興的なやり取りが楽しい曲。それにしても鳥居さんのここ数年の毎年相手を替えたコラボレーションの取り組みには頭が下がる。バイタリティとエネルギー、この人半端じゃない。どんだけ主婦としても大変か想像に難くないのに。すごいな。昨日というか今日もほぼ徹夜というくらいまで準備されていたそうで、いつもすみません、そんなときに、校正を・・・。
で、トリ。倉沢さんとアコーディオンの桑山哲也さん。つやつやのまんまるお目めの好男子は熱い歌心あふれる桑山さん。1曲目の彼の曲は、ほんと、彼らしい哀愁たっぷりの曲だ。
で、今夜のコンサート、やはりこの二人がよかった! アグレッシヴなガンガンアッパーに弾きまくる倉沢さんでない、引いた演奏が心憎く、耳がどんどんそっちに引かれてゆく、聴きたくなるような演奏。
桑山さんの「枯葉」のバースあたりから、ふたりのエンジンが互いに交じりあい、(桑山さん曰く)夫婦のような、(見た目)兄弟のような素敵な空気の演奏に。最後の「シェルブールの雨傘」など、もう本当にいい感じ。シャンソンが新鮮だったのもあるし、倉沢さん得意の4ビートになっても桑山さんも行くし。なんか、とっても幸せなコラボレーションだった。
(今回、とにかく練習したんですって!倉沢君。打ち上げでもいつになく饒舌でうれしそうでしたよ。)

ということで、珍しくというか初めて打ち上げにも参加させていただく。だって、皆さんに話が聞きたかったし。松本君と平部さんの間でお二人の話が聞けたりして、とても得難い経験をさせていただきました。平部さんは、本当に今日はうれしそうで、倉沢さん大絶賛、もちろん松本さんの演奏には、本当にうれしそうでした。曲を渡して1回は事前に聴くというつもりだったけど、どうしても二人のスケジュールが合わず結局今日のリハーサルで初めて聴いたそうだが、信頼していたし、問題なし!だったそう。

そんなこんなで、今日はテンションが上がったです。
平部さんと松本さん、そして倉沢さんのとびきりの満足な笑顔が見られただけで収穫でした。こういうときは、仕事抜きで、(変な言い方ですが)仕事をしててよかったって思うのです。役得です。
[PR]
by shes_inn | 2008-03-05 00:34 | ライヴ