好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

年金問題 我が身に降りかかる!

これは、本当にショックだ。
50を過ぎたので、将来の年金予定額を知ることができるというんで、申し込んでみた。
そうしたら、ショック! 私が独身時代に払い込んでいた国民年金が、全く納付していないことになっている! なんなの、いったい! そのおかげで、試算できる期間に達していないっていうんだよ(泣)。4カ月足りない・・・。え===!

そりゃあ、そういうニュースは知っていて、「ふうん、気の毒に、ひどいな!」とは思っていた。
が、我が身に降りかかるとは。
まずは、年金の内容に対する問い合わせ電話。
「年金番号がふたつある場合、年金手帳をお持ちなのは幸いですから、今入っている年金の担当地域の社会保険事務所に本人が行って、統合されていない可能性があるので確かめてください」と。
で、ここで疑問。行かなきゃいけないの?
ブッブー。正解は、電話でOK。わりときちんと調べてくれる。
行くのと電話とじゃあ、ちょっと、時間と労力が違う。おい! 姉さん、嘘はいけないよ、嘘は。

でも、それで解決しなかった。結局払っていないことになっているという。
独身時代の番号は、今の番号に統合されていて、確かに、そういう書類が来ていた記憶がある。年金手帳を見て、番号に間違いないので、その旨の手紙を返送した覚えもある。
が、納入金のことなどは書いていなかった!

で、当時の係の区には台帳が残っている可能性もあるので、それを開示する申請の書類を出して、という話。まあ、親切なのかしら?その書類を送ってくれるという。
そんなにあわてなくてもいいので、行ってみてください‥くらいに言う。それで、ちょっと突っ込んだら、その書類を送りましょうということになった。
今日はここまで。

しかし、領収書はお持ちですか? 記憶と記録の食い違いでは? その書類を出すと徹底的に調べてくれると言っている。でもなあ、調べるのは、適当な仕事をしている当事者の区じゃない?

領収書? え〜〜! 昭和53年のことだよ。1978年だ。あるわけないじゃん。
ずっと同じ家に住んでいるならまだしも、当時のアパートから結婚して、引っ越し、今の家に引っ越ししている。その間、子どもは生まれるし、荷物も煩雑だし。
だいたい、税務署に添付して出さなかったっけ? 確定申告で。
私は当時、某出版社で、契約というかパートみたいな、フリー契約で勤めていて、自分で確定申告をして源泉された税金を還付してもらっていた。だから、国民年金だったわけで、そりゃあ、払わない選択もあったとは思うけど、絶対自慢じゃないけど、国民年金払ってきたんだ。コンプライアンス意識は私は基本高い。しっかり、奨学金だって返済したし。当たり前のことはきちんとしている。
就職が決まり、学生時代住んでいたアパートから引っ越ししたときに、年金手帳をもらっている。ということは、絶対に支払いの請求が届いているわけだし、請求は来たものは絶対に払ってきた。自信はある。
でも、これはやばい匂いがする。29カ月だ。カウントされないのが。
学生時代は払っていなかったし、だいたい、請求も来ていないし、年金手帳もなかった。
年金手帳をもらって、社会人だしな、となけなしの給料から払ってきた自信がある。
でもなあ、ああきっぱり、記録にないと言われちゃうと、すごく不安にもなる。
じゃあ、どうして、その当時住んだアパートの住所の年金手帳があり、結婚してちゃんと住所と改姓の届けもした証拠も手帳に残っているんだよ。
だのに、なぜ?

それと、1年だけ夫の扶養家族になっていたのだけど、その期間は、なんと、脱退していて加入していない期間になっている。何それ? 少なくとも、加入はしていたでしょ? 夫の厚生年金の扶養家族でさあ。意味不明。 それは、どうも、申請をしなければいけないらしい。いわゆる第3号(昭和61年からの制度なので、制度外だから、納入カウントにはならないらしい)か。
もう、なにがなんだかわからない!

まあ、開示の手続きをするですね、第一歩は。
あとは、実家に帰って、領収書とか当時の確定申告の書類を探すとか。
持って帰っちゃいないよねえ、でも。
少なくとも、今の住居にはない。

なんだか、お役所っていったい何やってるんだろうって思う。そういうことをしっかり管理するのが役所じゃないの?
え、私の記憶違いじゃないかって? ねえ、不安にもなるけど。
きっぱり、自信を持って払っていた! よねえ? あー、やんなっちゃう!
[PR]
by shes_inn | 2007-05-24 01:27 | 出来事