好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

山口の旅行 思い出すままに

旅先の福山のホテルで、少し投稿しましたが、山口の旅行を振り返って。
実は、カメラがないので、途中で撮りっきりカメラを買ったのですが、まだ6枚ほど撮り切れていないので、もう少ししたら何かを撮って、データ化しましょう。
お待ちください。(あ、別に待っていないか)

初日、6月18日に11時頃家を出発。京急を使って羽田空港へ。品川経由なので楽です。
千疋屋の杏仁豆腐とマンゴープリンがおいしげだったので土産に買っていたら、けっこうギリギリに搭乗口に。列の最後について、飛行機に乗り込みました。で、びっくり小さいのよ、JALの山口宇部便って。ハワイの離島へゆくローカル便を思い出しました。
天気はイマイチで、ガスっていたし、席も真ん中の席だったので外は見えないまま結構あっという間に山口上空。近いなあ。
山口空港からはリムジンバスで昔の小郡、今の新山口駅へ。市町村合併でそうなったらしい。
駅でゆっことちょうど会えて、よかった。山口はピーカンで暑かった! 少しバスを待って、山口市内へ。県庁前が家の近所で、とっても静か。
ザビエル教会の鐘が15分おきにカランコロンと鳴るのが印象的。お家について少ししてから、思い出したように、旧県庁と議員会議場へ。素晴らしい昭和初期の建築で、その意匠が素敵。きれいに修繕してあり、ぴかぴかに磨き上げられた会議場はとっても立派で赴きあり。山口の地元の人もあんまり知らないというところですけど、とっても素敵なので、山口に行ったら、ぜひ県庁の隣にあるこの2つの建物を観て、中を見学してみてください。一見の価値あり!
そんでもって、山口の夕方は長い。気がつくともう5時過ぎなのだけど、全然昼間。ついでに、近所にある大神宮へ。ここは、伊勢神宮の別宮で、由緒正しいとのこと。すごくシンプルな白木の宮が2つ。交互に建て替えるのが長い歴史らしいけど、そうは易々と建てるのは大変で、近年、家事になって建て替えたのだとか。
ここ山口は大変文化の香りがする街なのだ。
で、夕食はおそば屋さんへ案内してくれた。山口には日本そば屋さんはあんまりないんですって。その中で見つけたおいしい十割そば屋さん。ざるをいただく。
そのあとは、前に書いたけれど、ホタルのいる川まで。
頭に思い浮かぶ、あの数時間の夕方から夜へと移りゆく時間は、宝石のような時間でした。
8時過ぎてようやく暗くなってくるんだけど、その川は山あいの川なので、空が小さい。木が鬱そうと茂っているんですね。谷までは行かないけど。
そして、少しずつ、そしていつのまにか圧倒されるようなホタルの乱舞!だんだんくらい夜に目が慣れてきていたので、懐電を忘れたけど、ケータイの電気がまぶしく感じるくらいで、帰り道は十分足下を照らしてくれました。もう、街の明かりが、車のライトがまぶしくって、光の暴力だと感じるくらい。
そのくらい真っ暗だから、ホタルも安心して生息しているんですね。だって、ホタルの光が明るさで見えなくては、子孫を残せないのだから、ホタルも必死です。

で、ホタルの乱舞を本当にむりやり振り払って、一路山口市内のとある居酒屋へ。そこはカウンターだけの小さなお店で、ママが美人! で、この日はサッカー、クロアチア戦だったのです。実は、その店にローカル局のテレビカメラが入っていたの。応援風景という奴。で、次の日、山口のテレビにしっかり私も映ったらしい。まあ、こっちでないから面が割れても平気ってもんです(笑)。
若い人もいて、みんなでサッカー観戦は楽しかったです。結果はともかくね。
もう、夜も遅く、ゆっこの家に帰って、今度は飲みながら次のブラジルーオーストラリア戦。さすがに、私は前半で落ちまして、就寝。

次ぐ朝は、ゆっこの参加しているママさんコーラス(唯一彼女だけは独身で子なし)のコンクールに向けたホールリハーサルを見学するために、7時45分起床。やば! 15分で着替えて化粧して出発! イヤー、よく寝た。起こされるまで全く意識なし。まあ、寝たのが3時過ぎだし・・・。
さて、このママさんコーラスが、素晴らしい。もう、びっくり! つい昨日のコンクール本番では優秀賞を獲得したという。で、何がそんなにびっくりかというと、ママさんコーラスなのに、踊って歌ってミュージカルなのですよ。中央にピアノを置いて伴奏なのですが、ソロで、ペアで踊る人がいて、後ろのひな壇でも、みんなが踊るの。曲はミュージカル「オクラホマ」より3曲。ほんと、楽しいの。歌もしっかりしているし、踊りもなかなか! こんな本格的なミュージカル群舞はどういう発想で作るんだろうねえ。先生が立派、みんなが楽しんでいる。
驚いたのは、赤ちゃんも連れてきているママがいて、片手で抱きながら歌って、踊れるところは踊っているの。赤ちゃんは泣きもしないで抱かれているし・・・。立派!
いいなあ。と思いました。

で、昼過ぎ1時頃までそんなこんなで練習におじゃまして、少し拍手とかで役に立ったかしら?

朝はコンビニおにぎりだったので、お昼はおいしいものをと、連れて行ってくれたのが、秋穂の山あいの温泉ホテル。国民宿舎みたいな施設で、お風呂がね、すごく素敵。
まずはお昼に豪華な海鮮丼をいただいて、おなかいっぱい!
そのあと、お風呂に。露天風呂から、海が一望できるんです。お天気もよくてばっちりだし、気持ちがいいこと! もう、ゆうううううっくりお風呂につかり、ほら、何しろ寝ていないので、ロビーのソファーで小一時間うたたね。気持ちよかったです。このホテルの売店で撮りっきりカメラ買って。
ここのホテルでは、トンビとツバメがものすごく気持ちよく飛んでいました。鳥の鳴き声が空に響いてね。

もう、気がつくと5時近く。この日の目的地の豊田町に8時に行けばいいので、時間はまだあるということで、秋吉台に立ち寄ってくれました。秋吉台は、すごいね。
あの、変わった景色はほかにはない。ここでも、ゆっくり風景を眺めて、いろいろ太古の地球に思いを馳せたりして・・・。こんな感じ、こういうテンポは、ゆっこと実に気が合う。
で、ゆっくり眺めたあと、いよいよ豊田町へ。
ホタル船のことは前にも書きましたね。
それにしても、この2日間、私はとてもいい想いをたくさんしました。こんなに一生分以上のホタルの夢のような舞を見られて、幸せ。

ホタルを見て、家に帰ればもうほぼ深夜。で、夜の五重塔を見せるため連れて行ってもらいました。一晩中ライトアップされているそうで、それは美しい。庭園の緑も明かりに照らされて幽玄。で、ただ美しいだけでないの。こう、霊気がする。まあ、私は霊感ないので平気でしたが、けっこうここはやばいらしいよ。そして、帰宅。さすがに、この日は疲れたので早めに床へ。

翌朝、7時前に起きて、仕事へと。
岡山へ向かいますが、怒濤の取材で、へとへとになって翌日夜中に東京へ。
ああ、旅は遊びが一番よねえ。
[PR]
by shes_inn | 2006-06-27 00:04 | 出来事