好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NHKスペシャル

本日は、雨だったのでぐたっとしていた。仕事はやろうと思えば(というか、ホントはやらないと間に合わないかも)、原稿2本書かなきゃ行けないんだけど、構想を練っているだけで終わりそう。でも、何となくの方向性は固まった感じなので、書き始めればたぶんすぐ終わるだろう。
夕飯は、牡蛎の冷凍があったので、ホワイトシチューを作る。
夕方、DVDで『スター・ウォーズ3』を観るが、アナキンのへたれぶりに、どうしても感情移入ができない。パラメの気の弱さもないでしょう?もっとりりしくなけりゃあ。
でもね、人の心は弱いもの。そして、もともとどこかに潜んでいる悪の芽、誘惑されると弱いものなのだ。その辺の人間の資質というのは、逃れられないものがある。それは、DNAかもしれないけど、育った環境、受けた愛情も関係するんだろうねえ。なんて、いいながら非情にも、途中で止めて、『功名が辻』。続けて、『NHKスペシャル』重松清さんが矢沢のファンを訪ねて旅をする。申し訳ないけど、ファンはどの人も、けっこういけてない人が多い。だって、たいがいが40代だ。あのね、30~40代は、今の世の中辛い時代なのだ。バブルがはじけてこの10年を越える年月、一番きついのがこの世代だった。
私もそう。まあ、あんまりきついとは思わないようにはしていたけど、仕事はきつくなるけどギャラは下がるし、夫の仕事は下降線をたどるばかり。本人はのんきだけど、その分、やりくりは大変だ。でもね、永ちゃんのライヴを1年に1度観ることで、本当に、1年生きていけるって思うんだよねえ。15年くらい毎年通っているんだから、嘘でない。パワーをもらえる。
最後の屋台の人の話はよかった。事業に失敗して、2年ほど引きこもり、屋台で出直しする。初めは負けるもんか、絶対にやってやる、だったのが、半年くらい経ってそんな気持ちはどうでもよくなった。友人が助けてくれる。周りの人との交流が生き甲斐になった。
さあ、春も近い。このところ、実家の父の様子も明るさが見えてきた。
こないだ帰ったときに、あんまり愚痴ばかりでなくなった気がする。くどいくらいにグチグチいつも辛い辛いと話してばかりいて、いいかげんこっちもいやになるくらいだったのが、気がついたらあまり言っていない。我慢しているのなら、切ないけど。今日も電話が来た。用事はないけど、携帯の時間が余っているからって。用事がないのに電話は無駄と思っている人だけど、また、用事なくても電話してほしいな。
[PR]
by shes_inn | 2006-02-26 22:58 | 出来事