好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

原田泰治とクロアチアの仲間たち展ほか

「さだおばさん」だ。家にある絵本。
原田泰治さんの絵は、「日本のふるさと」をテーマに全国47都道府県をくまなく取材し、そこにつつましく 生活する人々の暮らしを限りない愛情を込めて描きあげた作品が素敵だ。
昭和53年9月の奥付の絵本が「さだおばさん」だ。懐かしいなあ。息子によく読んでやった。
友人が上京して、この展覧会を見に行きたかったのは、彼女が高校の家庭科の先生で、いろいろなコンクールに生徒が参加するために(彼女自身が好きなんだよね)奮闘していて、「原田泰治」さんのキルティング募集のコンクールに、生徒を参加させようと、その作品選びのためだ。
彼女はすごいんだよ、実に。生徒を乗せるのがうまい。去年も辰巳琢郎が審査員になっているお菓子のコンクールで生徒の作品(けっこう彼女の助けが役立っているんだけど)が全国の中から優秀な賞を得た。
今回のキルティングは、学校にいる家に帰れない子たちに、どうせ家に帰れなくって、学校の玄関近くでだべっているなら、暖かい部屋でキルティングする口実ができるじゃないかというわけ。彼女の学校は、こないだの第1次の入試志望校調査で0.4もいかないという山の高校で、いわば人気のない成績も期待できない子たちが多いらしい。いろいろ問題も多いらしいけど、いつも前向きで生徒に対している。厳しいところは厳しくて、面白い。
家庭科は介護のことなども含み、大忙しで、学年主任もやっているけど、しょっちゅう出張も多く、張り切っている。むろん勉強家だ。
今日いみじくも言っていた。この頃教員になってよかったって思うって。
何かとっかかりがあれば、生徒はがんばるんだって。教頭とか管理職にはなる気はないらしい。
で、今回の東京出張のメイン行事は、来年彼女の高校が取り組むことに決まった「食育」の課外活動レポートの全国大会みたいなのの発表会を見に。要するに来年の下見だ。
ついでに私も日本橋三越の展覧会を彼女と一緒に見てから、大井町に行き、食事してその大会を見た。ビデオ係として活躍して差し上げました(笑)。
今日の発表は全国から「米」「小麦」「しょうゆ」「マーガリン」「植物油」「牛乳」「ヨーグルト」をテーマに研究発表だ。大きなスクリーンにパソコンで画像を出しながらの発表。今はこれがあたりまえなんだろうな。その辺の画面作りの出来不出来もけっこう印象が違う。
なかなか高校生がんばっていた。来年は彼女の生徒がこれに出るんだな。いやいや、大変だ。彼女の高校のテーマは「小麦粉」。来年は応援に見に来よう。
それで、おみやげをもらったの。その会場で。サラダオイルと牛乳とスパゲッティ。そして、いろんなパンフレットたくさん。少し得した気分だ。

帰って、食べました。白菜のお鍋、ピェンロー。白菜をたくさん食べておいしかったです!
マーカナさんありがとう!
マーカナさんというのは、ろうそく作りをしている素敵なお姉さん。彼女のブログ「今日の一番星」で紹介していたので、前々から挑戦の機会をねらっていたのだ。
息子にも大好評。いつものように、夫はちっとだけ食べて、「おいしいんじゃないの」とか言いながら、自分だけ鳥のソテーをおねだり。この人の好き嫌いとわがままは果てしないので、気にしない。
たらふく食べて満足、満足。

最後になったけど、今日は一日雪が降り続けた。明日の朝は凍るね。
U2は、友人の「お願いします」のメールが来たので、ぴあのプレオーダー挑戦してみることした。
[PR]
by shes_inn | 2006-01-22 00:32 | 出来事