好奇心の発露


by shes_inn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

美容院に行った

美容院に2カ月ぶりくらい。9年前くらいに今のマンションに引っ越したが、それまでは隣の駅近所に住んでいた。したがって、美容院もそこが結局落ち着くので、通っている。
帰り道、歩いて帰ったが、この辺の道はいろいろ歩き回っていたから、たまにはと思い、いつもと別の道を歩く。
まずは、お風呂屋さんを左に行く道。ところが!お風呂屋さんがない。すっかり取り壊されてマンションになるらしい。びっくり! この辺のアパートの人たちには困った話だろう。どこにいくんだろうなあ。
私たちが暮らしたアパートは、2つの駅からどちらも5分、3分と近くて便利。しかも静かで環境は抜群だった。今も残っているが、ただし、おんぼろアパートなの。「我が青春のM荘」と友人たちが集ったアパートだったが、なにしろアパートの玄関前は崖のようになっていて、少し高いところに建物が建っているのだ。その崖みたいのには木の塀が貼ってあった。まあ、アパート自体も大家さんが別に暮らしているせいもあり、お手入れもまったくなし。浄化槽があふれ出したりというとんでもない不潔なこともあった。それでもけっこう気に入っていて、近所つきあいもあったし、家族そろって不満もなかったのだ。だが、その平和はある事件をきっかけに、不安となった。
阪神大震災だ。あの映像、あの朝の火事であちこちが燃えている町並み。なのに、どこも消火活動をしていない。高速道路が途中でくずれ、家がつぶされている。何がなんだかわからない映像に、びびった。正直本気で怖くなった。
で、新住居探しが始まったのだ。
今のマンションは、歩いて15分から20分くらいの場所で、息子の小学校にも通おうと思えば通えるし、桜の名所からも近いので、息子0歳から毎年行っている花見もできるし。まあ、何より、地震が起きたら、このアパートだとつぶれると思う不安はない、鉄筋鉄骨の建物のほうが丈夫だろうと踏んだのだ。
実際、結構丈夫そうなんだけど・・・。でもなあ、姉歯物件の事件発覚以来、ちょっと不安かも。まあ、デベロッパーは大商社だし、建設は大手のゼネコンだし、大丈夫だはと思うけど。
で、話を戻そう。お風呂屋さんには、たまに行っていたのだ。家にお風呂はあったけど、広いお風呂は気持ちもいいし。5月5日の端午の節句には菖蒲湯に入れたりして、いいものなの。
しかし、お風呂屋さんなくなったんだ・・・。
そのまま、歩くが、新しい家が増えた。お風呂屋さんの3軒隣にあった大きな家は、私が引っ越すあたりでバブルはじけて、4件くらいの建て売りになった。もう少し行くと、息子が幼くて電車が大好きだったときに、1時間や2時間は電車が行くのを見ていた踏切は今は、電車が下を走る歩道橋になった。駅が地下化されたから。覚えのある小さな道もなんとなく、新しい家が増えている。そうか、もう10年は経っているのだからね。
う〜〜ん。面白かったけど、ちょっと寂しい散歩でした。
[PR]
by shes_inn | 2005-12-11 21:45 | あれこれ